【一口馬主のスタンダードⅢ】

2022年 3度のWIN5の結果は・・?

Pocket

どうもです。
仕事では値上げ話をしなくちゃいけないので
テンション下がりっぱなしの年明けですが・・

 

 

競馬の方は

まず 一口出資馬は

京都金杯のダイアトニックが低人気を覆す4着!

オノリスはちょっと鞍上と噛みあわずの5着。

まぁまぁ

いい出だしだったと思います。

 

今週は、京成杯に アライバルも出ます!

ルメールさんもやっと勝ったようなので(^^;

なんとかいい競馬になると思います^^

 

 

 

そして今年から始めた WIN5。

 

5日は 144点買い。

9日は、192点買い。

今日は、54点買い。

こんな感じで勝負してましたが

結果は

全部2つ的中止まりだった気がする…(^^;

 

 

でもね

なんか楽しんです☆

 

 

初日は1戦目で外れて

これじゃ駄目だ

きちんと近走のレースを見直さなきゃだめだ

って思って

挑んだ2回目も駄目で

 

それで

YouTubeで いろいろとWIN5の予想動画を見てました。

 

 

統計とって、騎手のデータをきちんと出して

これは駄目 これはいい

そんなことをこと細かくやってるのも見て

 

あー こういうやり方もあるんだー

 

って 妙に興味深くって

 

 

それを参考にしながら

3日間開催の3日目のWIN5は荒れる!

 

っていうから

あえて 人気どころを外し気味に買ったら

今日固いじゃん!ってやつね(笑)

 

 

でも結局

点数多くしても 今日みたいに少なくしても

当たってるレース数って同じで

 

今日のフェアリーSは、1頭指名で当たるわけで

 

もちろん競馬予想、レース予想なんだけども

 

もっと騎手の個性であるとか人間性であるとか

ちょっとした運勢的なものとか

 

そんなとこをかじりながら見ても

競馬って面白いんだなっていうね。

 

 

 

今日のレースを見ても

たとえば

1レース目のC・デムーロの騎乗見てると

 

最近のクリスチャンって

うちのオノリスでもそうだけど

道中で我慢できないんだよね。

 

動きたくなるというか、直線まで我慢できない。

 

このレースの騎乗馬はがっつり溜めてこその馬で

その馬で我慢しきれないもんだから惨敗する。

 

これは騎乗ぶりを見てれば 危険だってことが察知できたわけで

 

2レース目でいうと

1番人気のルペルカーリア。

 

実績上位だけど、この馬は配合的にも

外回りの広いコースで先行してしのぎ合いに持ってくる馬で

 

その馬が今日は人気背負って、

逃げ馬を早めに捕まえる競馬をした

 

横山武らしい騎乗。

昨日の最終で同じような騎乗をして

快勝したのも繋がりであるんでしょうね。

 

これも人気馬をうまく消す理由にはなるわけで

 

 

3レース目の岩田息子くんも

彼らしいというか

人気を背負うと気持ち的に力んでしまう感じで

スコーンと飛ばしちゃうわけで・・

 

 

いくらでも点数買える金持ちならともかく

やはり点数は絞らないと苦しい庶民には

どこでどう絞るかが 1番のカギになるわけで。

 

 

だからこそ

その理由に 過去のデータで消す要素として

引き出すことがある意味 いいヒントになったりもするわけで

 

ただ単に

競馬レースの予想をしてるわけじゃない

 

そんな感じが

何か今までになく 新しい感じがして

ちょっと

しばらくはやめられない感じです^^

 

 

 

みなさんにももっと興味を持ってもらえるように

もうちょっと掘り下げていけたらいいなー

って思ってます。

 

 

競馬は

馬8:騎手2

 

このくらいの割合と思ってたけど

 

WIN5になると

馬5:騎手5

 

こんな気がします(笑)

 

 

さぁー

まずは

リーチまで持っていくのに

どのくらい時間がかかるか ですね(^^;

 

 

コメントを残す