【一口馬主のスタンダードⅢ】

ウイン募集馬見解!

Pocket

シルクの応募結果発表は明日!

 

それと同時に
ウインの応募の一次締切が明日なんで

需要があるかか分かりませんが(笑)

自分なりの見解を書いておきましょう。

 

 

今年の募集馬を見て感じたのは

いつもよりも

中距離の芝で走りそうな馬が多いなーってとこです。

 

ウインはすぐに抹消される馬が毎年何頭もいるんですが

そういう馬が少ない印象ってとこですね。

 

そしてウインで出資するために考えること。

 

それは何を目標にするかです。

 

このクラブはクラシックにはなかなか結び付きません。

最近は結果出てますけど 一時的な気もします。

 

なので 目標にすべきなのは回収率。

ここを目指しましょう。

 

 

そしてもう1つ。

それは、逃げ、先行を望むクラブであるということ。

 

差し馬っぽい馬を選んでもそう走らせてもらえないです。

 

なので、先行して良さが活きる馬を選択すべきです。

 

 

 

では私の品評を。

 

 

 

ゴールドシップ産駒は総じて悪くないです。

人気になってるサマーラグーンの20、
ウインアキレアの20は

パッと見とか、動きを見るとよく見えるんで
人気になってるのは理解出来ますが

何か足りないんですよね。

動きがいい って 逆に言うと
ワンペースの馬 って感じにもなりやすいです。

 

個人的には ウインソワレの20がいいかなー

って思いましたが この馬は体が小さいんで

成長待ちしたいとこですね。

 

 

次に気になったのは エピファネイア産駒の2頭。

 

エピファネイアの最強馬になる馬のタイプ。

 

それは先行馬!

っていうのが私の持論です。

 

 

なのでウインのエピファネイア産駒は密かに期待してましたが

ちょっと期待外れかー

 

2頭とも母父フジキセキが惜しいんですよね。

 

どうしても硬さが出ちゃうのがもったいない。

 

どっちかといえば ピエナビーナスの20の方がいいですね。

 

 

これなら面白いかな と思ったのが

 

ウインペイサージュの20(父キズナ)ですね。

 

キズナって母の血統が綺麗すぎる馬よりも

ごちゃついた血統をうまくまとめてくれる印象があります。

 

そういう面では 母父ダノンシャンティとか

こういうウインの募集に出てくる母には向いてるかなと。

 

適性がちょっと分かりづらいのと

ちょっとウインにしてはお高めなとこがどうかなと。

 

 

 

もう1頭あげるのなら

ウインリバティの20(父ドゥラメンテ)

 

この母はOP入りしたんですよね。

ダンスインザダークの牝馬で

よくここまで走ったなぁーってびっくりしたもんでした。

 

遅生まれもあって まだまだな感じなんですが

いい切れ味を秘めてそうな雰囲気を感じます。

 

ドゥラメンテに母父ダンスインザダーク。

なんか面白そうな気がしちゃいました。

 

こういうタイプはウインでは手を出しちゃいけないんですけど

個人的には好きな方かな。

 

 

というわけで

 

どうしよっかなー

 

ポチりましょうかなー^^

 

 

 

コメントを残す