【一口馬主のスタンダードⅢ】

頑張れ バリっ仔!

Pocket

やっぱり化け物だったなー

凱旋門賞の結果を見ると

オルフェの凄さがまた再確認されますね。

 

まぁー オルフェは配合的にも異色で
あの血統から あんな馬が産まれたこと自体が凄いわけで。

 

そうなると

父:ディープ 母父:ストームキャット という

現代日本競馬の王道配合で

凱旋門賞含め、欧州であそこまで走った

キズナって 思っていたよりも凄い馬なんだなー

 

なら

その キズナ を 春天で負かした馬も

めちゃ強いわけです^^

 

はい。ウインバリアシオンです。

そんなバリ仔。

中央競馬で初の掲示板に載りました。


ヴァリアントジョイ

10月5日(土)新潟2R・2歳未勝利・D1800m・14頭立4枠5番に
▲団野大成52.0kg・馬体重456kg(±0)で出走して、
タイム1分55秒1(重)で2.1秒差の5着でした。

団野騎手
「スタートが良かったのでハナを切る競馬をするつもりで
押して行ったのですが、外の馬の方が速かったので切り替えました。
逃げた馬の直後につけて砂を被っても怯むようなところは
ありませんでしたし、まずまずスムーズな競馬は出来ていたのですが、
向正面の残り800m手前ぐらいから一気にペースが
上がってしまったのが痛かったですね。
ラチ沿いを追走していたのでポケットに入る形になってしまい、
動くに動けずという状況でした。
あそこで前とは離されてしまいましたが、最後までしっかり
反応してくれましたし、良いところのある馬だと思います。
ダートの走りも良いです。
また機会がありましたら、ぜひ宜しくお願いします」

…ヴァリアントジョイに関しては

とある厩舎関係者さんから聞くところによると

お仲間さんの生産者からは

「あの馬はクラブと厩舎につぶされた。」

「せっかくの馬も三流に預けるとああなるんだな」

「もったいなかったね」

 

なんて言われてるとか・・・。

 

とはいえ

一口馬主なんて ちっぽけなもの。

 

あとは ヴァリアントジョイに乗り越えてもらうしかないんです。

 

今回、5着なので
権利取ったので 普通なら続戦。

 

ただ

もしかしたら・・・・・

 

ウインラディアント(ウインブライトの下ね)が

近々入厩予定なんです。

 

入れ替わりで放牧に出ないかなー

 

相変わらず馬体重も増えないしね。

 

 

名前のように

<気高い雄々しい走りで喜びを分かち合いたい>

です!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です