【一口馬主のスタンダードⅢ】

GW企画!ウインバリアシオンを全レース後コメントで振り返ろう②

Pocket

ウインバリアシオンを思い出そう企画です^^

 

 

では3歳時に入ります!




 

ラジオNIKKEI杯4着後、
確勝を狙い、このレースへ。

 

  • 2011年2月6日
    <きさらぎ賞4着後の騎手コメント>
    福永騎手

    前半で少しハミを噛んで行きたがるところを見せましたが、

    まあ許容範囲内でしょう。

    3コーナーの坂の下りで反応が鈍いのも、

    これまでがずっとそんな感じでしたから、

    そんなにあわてなかったつもりです。

    とにかく、エンジンがかかりさえすば、桁が違う脚を

    使ってくれるものと信じていましたから。

     

    それだけに、今日の負け方はちょっとショックです。

    前にいたリキサンマックスを捕まえきれなかったばかりか、

    後ろの馬にも伸び負けしたわけですからね。

     

    結果的に、ボクの過信が敗因。

    次はもっとソツのない競馬を組み立ててあげなければいけません

    すみませんでした。

 

…人生で初めて、京都競馬場に行きました。

口取りも申し込んで、スーツも買って…ね。

 

 

勝ち馬がトーセンラー。

3着馬が初対決のオルフェーヴル。

いってみれば
菊花賞の1~3着馬が揃ったレースでもありました。

その中でも1番人気に推され、
それでこの4着はショックでしたね。

 

本来ならここで勝って
皐月賞直行だったんですが

当然、賞金加算も出来ず
予定も狂っていきます。。。

 

 

  • 2011年3月6日
    <弥生賞7着後の騎手コメント>
    福永騎手
    ゲートからの一歩目がこれまでにないぐらい
    上手だったのに、直後に内からガツンガツンと
    当たって来られてしまって・・。
    それでも変に怒ることもなく折り合ってくれましたから、
    あのポジション(後方から2番手)でも悪くはないと
    思っていました。
    スローなのはわかっていましたが、今日は3コーナー
    過ぎから外をスーッと上がって行けるイメージが出来上がっていたんです。その通り、いいタイミングで4番手の外まで
    行けたんですが、そこで体の重心は内に、首は左にと、
    バランスを崩した恰好をしてしまったのが大きな誤算でした。

    それがちょうど4コーナー。
    あそこでもたついた分、勢いのある馬との併せ馬を
    することになってしまいましたからね。

    予定ではあれ(内からギュスターヴクライ、
    外からショウナンマイティ)が来る前に抜け出しているはずだったんですから。

    竹邑厩務員から爪のこと(裂蹄の兆候)は聞いていましたが、
    返し馬でも実戦でもそれは全く気になりませんでした。

    だから、どうしてあの勝負所でもたれてしまったのか・・。
    状態はよかったと確信できていただけに不可解だし残念です。

 

…初めての掲示板外し。

皐月賞の優先出走権も取れませんでした。

 

結果的には、中山は大得意な馬だったので
この負け方は、何か理由があったんでしょう。

それがここで話題に出てきた 裂蹄。

あれだけ希望に溢れていた数か月前から
一気に皐月賞にも出られないかもという真っ暗闇。。。

 

そして 賞金的に皐月賞に出られないことが分かり

放牧に出るのでした。

(このあと、あの3.11が起きたんですよね。)

 

 

そして、皐月賞は府中で行われ
放牧中のバリアシオンは、裂蹄との闘いの真っ最中。

ダービー出走の夢を叶えるために
ギリギリ間に合ったくらいの状態で、運命の1戦を迎えます!

 

 

  • 2011年4月30日
    <青葉賞1着後の騎手コメント>
    安藤勝巳騎手

    スローになりそうなメンバー構成だったので、

    ゲートからある程度押して出して行ったんですよ。

    でも、なんか行ってくれなかったね。

    そうなったら馬と喧嘩しても仕方がないので、

    腹を決めて後方から。


    だけど、前が開けるとそのたびにハミを取って行こうと

    するんだよね。
    で、馬の後ろに入れるとまた折り合う。

    その繰り返しを何度かしているうちにキチンと折り合ったよ。

    だけど、ペース自体が緩かったからね。

    さすがにこの位置からじゃ辛いかなとも思いましたよ。

    でも、今日は本当に長くいい脚を使ってくれた。


    馬群の中を喜んで割って行く度胸のよさも見せてくれたし、
    本番も楽しみになりましたね。

 

…この青葉賞も福永騎手が乗る予定でした。

ただ、騎乗停止になる騎乗をしまして
青葉賞に乗る騎手がいなくなるわけです。

 

不安しかなわけです。

ラストチャンスに主戦騎手が乗れないわけですから。

 

では誰になるのか。

その経緯を振り返りましょう!

 

  • <青葉賞1週前の近況より>
    来週の東京土曜11R「青葉賞」に福永騎手とのコンビで出走を予定していた
    ウインバリアシオンですが、先週の阪神で同騎手が痛恨の降着。
    騎乗停止処分で乗れなくなってしまいました。
    そこで代役探しに懸命に動いた松永昌調教師ですが、
    当初、青葉賞当日は京都で騎乗する予定だった安藤勝巳騎手を口説いて
    心強いパートナーを獲得する運びとなりました。

    今日はその安藤勝騎手が騎乗してCWコースを
    併せ馬で1週前追い切りがかけられています。

    調教パートナーは3歳未勝利ケンオベリスクで、
    6Fの行き出しでは10馬身という大きなビハインド。
    それを外からジワジワと差を詰め、残り3F地点で
    並んだ後は鞍上の仕掛けにスムーズな反応を見せて
    楽々と2馬身の先着を果たしていました。

    安藤勝騎手は
    「一緒のレースに乗っていて、もっとかかり気味に
    行く馬かと思っていましたが、全然違いますね。
    こんなに乗りやすい馬とは思いませんでした」と
    第一印象を語り、
    「スピードが上がるほど乗り味が良くなる」と、
    笑顔で感触の良さを伝えてくれました。

 

…よくぞ、アンカツさんを口説いてくれましたね★

これが運命の出会いだったんです。

それまでは、松永昌厩舎はアンカツさんとは
これといって繋がりはなかったはずです。

これはもう、ダービーに出したい!という想いの表れの選択。

アンカツさんも、ベルシャザールでダービー騎乗は
決まっていたわけですしね。

 

競馬は人との出会い。

 

それを教えてもらいました☆

 

ではレースを映像でまた振り返りましょう!

 

 

…もうたまらんですね^^

ドスローのレースで後方一気で差しきる。

アンカツさんの風車ムチがまた見事すぎて。

 

このレース 6番人気。

競馬ファンからはもうダメな馬として
評価されていたんです。

 

このレースで掴んだものはホントにたくさんあって

脚をじっくり溜める競馬が1番向いてることも分かったし、
距離が伸びるほど良さが出ることも分かりました。

 

ただ

実際は

裂蹄との闘いは全然終わってなかったんです。

 

 

のちに分かったことですが

ダービー出走も ギリギリまで出走を迷ったそうです。

 

それほど蹄の状態は良くはなかった。

満足な状態ではなかったんです。

 

そんな状態で、夢のダービーに挑みます!

 

それ以降はまた後日。

 

 

今日の中央競馬では青葉賞がありますね。

いいレースを期待しましょう★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です