【一口馬主のスタンダードⅢ】

週末のお話。

Pocket

お盆も終わりますね。

 

仕事は普通にあったんですけどねー

 

土曜日は、レジ打ちとかしてましたしね(^^;

 

慣れてないから辛いけど

コロナや高温のせいで 逆に人が少なくて

ホッとしてる部分もありました。。。

 



 

さて

土曜日のヴァリアントジョイは7着。

 

これが12戦目でしたが

内容が悪くなってきてる感じすら出てますし

これで事実上、未勝利出走は最後でしょう。

 

詳しくはクラブからの更新待ちですが

たぶん 地方出戻りに向かうのかな?

決まってからまた話しましょう。

 

 

同じ日の新潟8Rでは

同じく ウインバリアシオン産駒の

カミノホウオーが未勝利勝ちからの連勝を飾りました!

 

 

2勝馬が誕生したことは素直に喜ばしいことですね。

 

1勝してから次の2勝目って

想像以上に難しいもので

それを連勝で飾る馬が出たことがいいですね。

 

 

面白いなーって思うのが

父サンデー系に母父ロベルト系の配合って

短距離に出やすいんですよね。

 

 

これは馬券的にも覚えておいて損はないです^^

 



 

今日、1日馬券買いながら見てましたが

今まで大きな勘違いをしていた気持ちになりました。

 

 

 

馬は、父の血統の影響を大きく受けるものだと

ずっと思って見ていたんですけど

 

母の血統を味付けするくらいの影響くらいしか

ないんじゃないかなって思ったんですよね。

 

 

母が軸。出汁は母。

父は調味料。

 

 

名馬と言われる馬は

偶然的に産まれた宝物のような馬で

 

99%は、それ以外。

 

 

馬の特徴は母が握っている。

 

そんな話はまた後日やってみたいと思います★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です