【一口馬主のスタンダードⅢ】

バリアシオン産駒!

Pocket

ご存知の方はご存知かもしれませんが・・

ウインバリアシオンの初年度産駒から

唯一のクラブ募集馬

近いうちに とあるクラブにて
発表されることになる模様です^^

 

正直、どの仔で、どの厩舎に入るかまで、知ってはいるんですが

それ言わない方がいいので黙っておきますー。

 

とあるクラブと言ってるわけですから

当然、ウインではないわけです。

 

本当ならば!

普通ならば!

ウインで募集されるべきでしょう。

 

いくら 旧ウイン時代の募集馬とはいえですよ

ウイン歴代でも1番の貢献馬。

種牡馬にしなかっただけでもひどい話でしたけど

待ちに待った初年度産駒にすら 手を出さない。

 

バリアシオンの現役時代に関わったスタッフさんには
思い入れがあって 募集馬に入れたい気持ちはあるはずです。

問題は上層部。

この間にバリアシオンに対しての大きな溝があるんですよね。

 

まぁ 産駒に好みのタイプがいればセリで購入したかもしれませんが

そういうことじゃないでしょう。

 

他のクラブでも

産駒数が少なくても クラブから出た種牡馬の仔は

募集馬に入ってきます。

 

キャロットなら トゥザグローリー産駒であるとか

東サラなら レッドスパーダ産駒。

ユニオンは マンハッタンスカイ産駒も昔出てました。

 

走る走らない、活躍するしない とかは大きな問題じゃない。

そのクラブ所属馬として頑張った馬に対する愛情じゃないのかな?

 

これが当たり前の行動です。

こんなことも出来ないクラブが存在してるんですからね。

失望としかいいようがありません。

 

話は戻して。

 

さて このクラブ所属では唯一の初年度ウインバリアシオン産駒。

ただ、出資するかどうかはまだ決めかねてます。

キャロットで無事に出資出来るとなると

かなりの大金が出て行ってしまいます。。。

 

もちろん 活躍してほしい希望はあるに決まってますが

それよりも

毎月の近況を見て

どんな成長過程を踏んで 大きくなっていくか。

そのことに1番興味があります。

 

初年度産駒だからこそ すべてが未知数。

バリアシオンの同時期に似てる成長を見せてくれるのか

それとも全然違うタイプになっていくのか。

 

それを知ることが出来れば とりあえずはいいかなって思ってます。

走って活躍するかどうかは二の次です。

 

ただ・・・

名付け親にはなってみたいなー^^

 

親子2代名付け親。

 

魅力的です☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です