【一口馬主のスタンダードⅢ】

夢は続くよどこまでも。

Pocket

最近、バリアシオン絡みの話題ばかりですが…

2018年の種牡馬の種付け頭数が発表されてました。

<2018年の種付け情報>

 

ウインバリアシオン 

種付け頭数 48頭!!

 

いやー

青森でこの数字って凄いです。

初年度35頭
2年目51頭
3年目48頭

まだ、出走もしてないのに

この数字を維持してるのは それだけ産駒自体の
出来、評判もさることながら

青森の牧場からのバリアシオンに賭ける想いの強さも感じます!

 

バリと種付けした雌馬一覧も確認しました。
(会員登録すると見られます)

当たり前ですが・・・

マツリダシルヴィの名前もありましたー!(笑)

種付け日:2018/4/27
出産予定日:2019/3/27

 

他の雌馬も見てましたが・・・

いろんな母父、牝系。

元ノーザンファーム産の馬もいますし

話題のあの仔の下になるであろう名前もありました。

 

それとともに 詳しく見ていくうちに目につくのが

不受胎。

そして流産。

 

想像してる以上に 多いんですね。

 

シルヴィも、去年はストロングリターンの仔を
流産していたみたいです。

 

無事に種付け、受胎し、流産することなく
元気な仔を出産することの大変さ。

 

これが現実なんですねー。

 

競馬はゲームじゃない。

馬は生き物なんだ。

 

そんなことも、このブログを通じて
いろんな方に知ってもらうのも大事かもしれませんね。

 

シルヴィが母子とも健康で
元気で強い子を産んでくれることを願うだけです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です