【一口馬主のスタンダードⅢ】

ウインバリアシオン産駒の成績と今後について①

Pocket

まだ中央開催は1日残ってますが回顧します。

 

<ウインバリアシオン産駒の今日現在の総成績>

  • 出走済馬 13頭。
  • 地方3勝 中央0勝。

 

<獲得賞金順>

  1. ティーズリープ(門別→大井) 4戦2勝
  2. ヴァリアントジョイ 6戦0勝(3着1回)
  3. クリノクリスチャン 2戦0勝(4着1回)
  4. スノージュエリー 4戦0勝(4着1回)
  5. ダブルポジション(門別→金沢) 11戦1勝

 

中央23戦0勝。

 

正直、年内に1つも中央で勝てないとは
まったく思ってませんでした。

そのうち勝てるさー

なんて思っていたら もう年末です。

 

1つ勝つことの大変さを味わっております。



産駒を見ていて 思ったことは

小柄な仔がやたらと多いことですね。

 

あとは、まだまだ筋肉がついてない仔が多い。

 

晩成だから・・・といえばそうなんだけど

2歳馬が古馬OPと同じ時計で走る時代。

そうも言ってられないんですよね。

 

そんな中、体もデカく、1番バリアシオンに似てる仔がいました。

マルカバージョンですね。

バリ産駒の中でも、アイドル的な存在なんですが^^

 

 

脚が長く、体高がある。

やっぱり、バリに似てる仔を見ると
嬉しくなってしまいますね★

 

レースは、他馬を怖がってしまってダメでしたが

それは経験を積んで行けば変わっていくでしょう。

 

ただ、竹邑厩務員さんじゃなかったのが
ちょっと というか かなり残念でした。。。

 

では 今後はどうなっていくのか?

それはまた。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です