【一口馬主のスタンダードⅢ】

温かい競馬もある。

Pocket

競馬への対応の在り方を模索している今日この頃。

なつかしさと望みを感じたので
これをちょっとご紹介。

某フェイスブックより勝手に抜粋させていただいて
すいません(^^;

 

クーファサンピラー
11月24日 2歳新馬戦、混合、馬齢
東京芝1600m、晴、良馬場
54 横山典弘 18頭立て、8枠、7人気、16着
1.38.8(2.1秒差) 馬体重454キロ(初出走)

横山典弘騎手
瞬間湯沸かし器のように、急にテンションが上がるタイプ。
真面目すぎる馬なので、詰め込むように教えて行くと
消化しきれなくなっておかしな方向に爆発する可能性があると感じたから、
今日は競馬がそんなに苦しいものじゃないってことを教えて、
わかってもらったつもりです。
そんなにピリッと反応するタイプではないので、次はダートを
試してもいいかもしれない。できるなら中1週ぐらいで教えていきたいね。

 

田中博康調教師
レース前から「競馬を教えながら」とノリさんが強調していましたから、
こんな競馬になることもあり得るかなとも思っていました。
スタートをそっと出て、バックストレッチで内から2、3頭を
気持ちよく抜いて行って、直線は軽く仕掛けた程度。
ノリさんが言うように、サンピラー自身は気持ちよく走ってきたと思います。
結果が伴わなかったのは申し訳ありませんが、今日はいい追い切りが
できたと思っていただけたら幸いです。
思った通り、出張厩舎に引き上げたあともケロッとしていますし、
これなら中1週で使っていけると思います。
中山のダート1800mで、もう一度ノリさんにお願いします。

片山の目
横山典弘騎手で新馬戦を使うのはゼンノロブロイ以来でしょうか。
ジョッキーも物凄く意気に感じているようで、レース後もわざわざ
出てきてくれて、懇切丁寧に説明してくれました。
「この馬は丁寧に育てて、絶対にモノにしたいから」と、熱い口調でした。
今日はまさに調教がわりの内容でしたが、次は違うはずです。

…母ウインマリアベールの産駒のデビュー戦。

私は出資はしてませんでしたが、
こういう馬を点ではなく線で育てていく感じが
今の自分がすごく欲していることなんですよねー。

これこそ旧ウイン。

まぁ、片山元社長が関わってますから
旧ウインそのものなんですけどね(笑)

騎手は追うだけの仕事じゃない。
勝ち負けだけを求めるものでもない。

今の若手騎手。

憧れの騎手に挙げるのはデットーリやら
海外の騎手ばかり。

いやいや。

身近にいるでしょ。

豊さんや、ノリさんや他のベテラン騎手たち。
引退した騎手もたくさんいる。

ここは日本。

日本の馬のことを誰よりも深く知ってるのは日本人です。

それこそ、昔みたいに師弟関係を組むような感じで
武豊2世みたいな騎手が産まれてほしいと願います^^

 

さて、裏切りのなくなってきた競馬。

今までは配当のいい馬券を狙ってきましたが
もうそんな時代ではないような気がしてきました。

なので

無駄な外れ馬券出費と、来年の年間プラス収支を狙うべく

今週から、来年に向けてのプレイベントとして
1日で使う金額を決めて
単複で1頭にそれなりの金額を賭ける馬券方法に変えます!

収支もきっちりと毎週ブログにて公表!

とりあえず昨日は京都の最終、
前走、トゥザフロンティアをあっさりと差し切った
エアアルマスで勝負!

単複で行こうかとも思いましたが
川田の外枠を嫌って、複勝だけの1万円勝負。

2着だったので(やっぱりなーです)

3千円プラスとなりましたー。

 

今日の予算は一応3万円。

狙うレースは数戦だけ。

1レースの複勝(よほど自信があれば単勝も)
に使う金額は5000~10000円。

1番人気だろうが、プラスになればいい。

これから競馬新聞とにらめっこです☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です