【一口馬主のスタンダードⅢ】

まだまだディープ。

Pocket

菊花賞。

1,2フィニッシュはディープインパクト産駒でしたね。

1番人気のジャスタウェイ産駒の
ヴェロックスが3着。

 

普通、晩年の種牡馬の産駒は
やはり勢いもなくなり、ダート向きになったりとかするんだけど

このところ、ますますディープ色が強くなってる印象さえあります。

同じように、ハーツクライ産駒もまだまだいい仔出しますしね。



先週、レッドオルガも惜しい3着になりました。

(写真 SGさん)

 

レッドファンタジアの2頭のディープ仔。
ベルロースと、ベルディエスも楽々と3勝目を挙げてます。

 

逆にいえば

ディープや、ハーツ、ステイゴールドの次世代種牡馬が
いまいちパンチ不足なのも否めないかなと。

情けない とまではいいませんがね。

 

もちろん、いまだにいい繁殖をディープばかりに付けていた
事実もあります。

 

ディープ、ハーツ、ステイ、キンカメの四天王時代が終わり
これからは群雄割拠の時代。

ディープの高馬に手を出しておけば安心★
なんてことはもうないわけで

一口馬主も
馬を見る力をより高めていかないと
いい夢を見ることも楽ではないってこと。

 

それこそ
バゴの産駒から 牝馬クラシックを勝つ馬が出るなんて
想像もしてなかったわけですからね。

1400万円募集の馬ですからね。
まさかまさかだったと思います。

 

だからこそ

生産界も、配合などなど いろいろ熟考すべき時代なんです。

 

今まで以上に、どの生産牧場にもチャンスはあるはず。

 

この時代を立派に生き抜いてこそ

一口馬主の価値も上がるってもんです^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です