【一口馬主のスタンダードⅢ】

アーモンドアイを見て思うこと。

Pocket

めざましテレビ見たけど
ルーリー はじけてますね(笑)

 

さて

アーモンドアイが3冠牝馬となりましたね。

この馬、もちろん強いに決まってるんですが
その強さの根源は、牝系にあると思ってます。

Best in Show

競馬好き、血統好きなら1度は目にしたことがあるであろう名前。

いわゆる超一流牝系です。

トライマイベスト、エルグランセニョール、アルデバランⅡ、
スピニングワールド、リダウツチョイス、ラグズトゥリッチズ、ジャジル
カジノドライヴ、そしてフサイチパンドラなど。

当然、この牝系の馬がすべて活躍するわけじゃないですが
生まれ持った素晴らしい遺伝子を持ち合わせていることは確か。

 

では他の馬とは何が違うのか。

 

私は 心肺機能だと思ってるんですけどねー。

 

小手先の器用さとか、頭の良さは牝系は関係と思います。

どう転んでも太刀打ちできないところ。

それが目に見えない部分。
心肺機能、もしくは筋肉疲労の少なさ、じゃないのかなーってね。

 

バテなきゃ、苦しくなければ、脚は止まらない。

他の馬よりもそれが優れていれば とんでもない長所になります。

 

なら

一口馬主としては

そういう馬を見た目だけでどう判別出来るか なんです。

 

 

 

 

動画や写真を見るだけじゃ

 

 

 

 

無理だーーーーーーーーーーーーー(^^;

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です