【一口馬主のスタンダードⅢ】

ダービー終わって。

Pocket

まずはダービー出走馬の関係者さん
お疲れ様でした。

 

 

やはり

見ごたえのあるいいレースになりましたねー。

 

 

まずはエフフォーリアから。

 

横山くん 勝負かけていい騎乗しました。

予想以上のいい騎乗でびっくりです。

 

スタートして 位置を取りに行ったんですよね。

下げて後方から外に…なんてことは考えてなくて

前からいい位置を走れることを選んだこと。

 

エピファネイア産駒って

こういう競馬がなかなか出来ない馬が多い。

ちょっと大雑把な馬が多い印象なんですけど

あと競馬のうまさを感じるのは

母父ハーツクライの競馬のうまさが出てるのかなと。

 

サトノが動いたことによって

位置が悪くなってこれでは・・・と思ったけど

直線入ると見事に前に大きなスペースが。

 

あそこから一気に脚を伸ばせるのも

この馬の凄さをさらに知ることが出来ましたね。

 

騎乗にミスもないし

運もあったんです。

 

それでも勝てないのが ダービー ってことで。

 

 

シャフリヤールは

体重の軽さがどっちに出るかが微妙だったんです。

 

軽い馬場だからこそ、軽さが生きるのか

体重が軽いからこそ、スピードが前面にしまうのではないかと。

 

そのあたりはさすが藤原英厩舎。

ダービーを狙っていた馬ですから

そのあたりはじっくりと調整してくるわけです。

 

最後、あそこから届いたのは

軽い、小さい馬だからスッと反応できたからで

デカい馬ではまず届いてません。

 

あとは

シアトルスルーの血は

直線で追い出しを我慢させると

凄い爆発力があるってことを再認識した感じですね。

 

 

自分もそうだったんですが

バリアシオンのGⅠ制覇を邪魔(笑)したのは

 

オルフェーヴルとフェノーメノ。

 

共に罰点勝負服のサンデーTCでした。

 

 

ここを倒さないと、GⅠは勝てない。

 

ノーザンFの総本山ですからね。

いい馬が多いわけです。

 

 

サトノに関しては

きっとああいう競馬をすると思ってました。

スローだと思ったので。

 

ただ、動く競馬を今までしたことなかったし

馬が戸惑ったのか、ストレスを感じてしまった感じでした。

でも枠的にも

あれしかなかったと思うので 仕方がないかな。

 

 

エフフォーリアに関しては

まずは故障なく元気にまた秋に出てくることが1番ですね。

 

今日の競馬では大きなダメージはなさそうですが

勝ちに行く競馬をするとどうしても馬に負担がかかります。

それだけが心配なくらいで

馬は本当に強いってことがわかりました。

 

まだまだ大活躍してくれる馬でしょう。

 

 

 

私の方は

ダービーも終わりましたし

 

心はもう 宝塚記念です^^

 

 

コントレイル回避のニュースもあり

また一段と注目される存在になってしまいましたね。

 

ドキッ 丸ごと

女だらけの宝塚記念☆

 

それまではいい人間で過ごします(笑)

 

 

コメントを残す