【一口馬主のスタンダードⅢ】

いいものはいい!

Pocket

さて
ダービーをちょっと振り返りたいと思います。

 

最近のダービーは見終わっても
何かグッとくるものがなかったんですけど

今年のダービーは
ハイペースで流れたこともあったでしょうが

最後の攻防。

ダービージョッキーになりたい!!

そんな気持ちを凄く感じさせてくれた追い姿。

 

やっぱりこうでなきゃね。

 

勝ったのは 浜中くんのロジャーバローズ。

重賞未勝利馬でも
すべてがスムーズに、そして展開も自分のものになれば
勝てるものなんだと教えられたレースでした。

 

正直、ここ最近の浜中くんの騎乗を見ても

大雑把というか、繊細さを感じないような気がして
あまり馬券を買いたくなる感じではなくなってます。

エクスペディションで重賞を勝ってくれた
あの頃とはかなり変わってしまった印象もあります。

 

でも 苦労もかなりしてきてるんでしょうね。

 

関東の人は見れないんで知らないと思いますが

関西(中京)地方では 競馬BEAT という番組が
日曜3時から放送されてます。

レギュラーとして
元調教師の坂口先生が出演されてるんですが・・・

 

https://twitter.com/umanchu2017/status/1132611010555047936

 

ダービー後にコメントを求められて

心から浜中くんのダービー制覇を喜んで
泣いていたんですよね。

 

この姿を見られただけで それだけで
今年のダービーは良かった!って思えました。

 

師匠と弟子という関係はいろいろあると思うんですけど

坂口先生は いつも常に 浜中くんのことを
気にして 応援してるんです。

普通なら、あえて厳しく接する、厳しい意見を言う
関係性もあると思うんだけど

坂口先生はそれこそ
父親のように 浜中くんのことをずっと見守ってるんです。

 

浜中くん

素晴らしい親孝行が出来たと思います。

 

おめでとうございました!^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です