【一口馬主のスタンダードⅢ】

こだわらないからモテないのか?

Pocket

先月、お会いした某一口馬主(GⅠ勝ち)さんはこう言いました。

『募集開始の時期になると
ブログのメッセージに
「今年のハーツ産駒で1番いい馬はどれですか?』

なんてのがたくさん送られてきて困るんだよねー って。

 

えっ~~~~~~~~~!!!!

 

そんなもの いまだかつて
聞かれたことが1度もない。。。

仮にも

まったく人気のなかった
ウインバリアシオンに一目ぼれして名付け親になった男。

エクスペディションでも小倉記念で重賞を獲った過去があるのに。

こんなに毎日のようにブログを書いても
GⅠの1つも勝てないそこそこ馬主に思われてる・・・。

 

結局、一口馬主においては GⅠ勝利が
夢であり、第一目標になるのかー。

 

でもね。

そんな馬 実績も運も×もない人間が
手に入れられる時代じゃないでしょ?

 

これが自分が今現在、出資して走ってる主な馬達です。
(リゾネーターは引退しました&ウインメディウムは
地方交流入れると、1200万円ほどの賞金額です。)

本当に長く一口馬主を楽しみたいのなら
回収率を100%以上にすることでしょう。

損が少ないわけですから。

 

こだわりを持って
1頭の種牡馬の産駒ばかりにいくのもいいでしょう。

その種牡馬の良し悪しが分かりますからね。

その結果、大きなものを手に入れることもあります。

 

でも自分は・・・

票の上から言えば・・
ディープ、ダイワメジャー、カナロア、ヴィクトワールピサ、
ブレーム、ステイゴールド、ハーツ、カナロア、
ハービンジャー、ノヴェリスト、カジノドライヴ、
トーセンホマレボシ、ハーツ、ヘニーヒューズ。

厩舎もほとんど違います。

 

こだわりなんて ありませーん。

 

一口馬主は一攫千金を狙って挑む
投資ものではありません。

競馬を愛しているからこその
趣味に過ぎないもの。

金目的の人間は、馬券だけで楽しんでいればいい。

一口馬主に絡んでくるな。

夢の配合? そんなものに人の金を求めるもんじゃない。

 

要するに何が言いたいかっていうと・・・

 

自分にも

募集シーズンになったら

 

『走りそうな馬 教えてください!』

的な話があったら ちょっと嬉しいかなー(^^;

 

真摯に答えますので★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です