【一口馬主のスタンダードⅢ】

すっきり。

Pocket

福島12R
ウインメディウム 9着。

<レース後コメント>

宮崎北斗騎手
ゲートは出てくれたのですが、ペースが速かったこともあり、
道中追走に余裕がありません。
向正面も促しながらですが、ついていくのがやっとという状況です。
馬は最後まで一生懸命頑張っていますが、
ペースや馬場などもう少し恵まれないと厳しいですね。

ウインスタッフ
この中間は攻め馬も消化しながら減った体も戻してきましたし、
前走以上の状態にあったと思います。
今日はゲートも大きな出遅れはありませんでしたが、
しまいはバッタリと止まってしまいました。
速いペースを追いかけた分もありましたが、
この止まり方を見ると距離が長かったのかもしれません。
この後は続戦か休養かはまだ未定ですが、次走は距離を短縮する予定です。

…ほーら 言わんこっちゃない。
とまでは言いませんが・・・
ウインは数使うこと優先なのはわかるけど
レース選択のこだわりがなさすぎる。

前走よりも状態はUPしていただけにもったいないなー。

 

ネタが腐る前に・・
オジュウチョウサン話に言いたいことを5つ。

1.今回の出走選択は見事。

まぁ障害馬が平場のレースを走ること自体は
叩き台としてはよくあることなので普通なんですが
平地未勝利の障害敵なし馬が、
めったに福島に来ない武豊騎手を呼んで走らせたこと。
そこで勝ったこと、競馬ファンが大喜びしたこと。
グッズが大売れしたこと。
これに関しては、このレース選択はよく考えたもんだなーと感心しました。
最高のファンサービスでしたよ。
ただ、ここから有馬記念に発展することが分からない。

2.障害馬が平地で勝つことがそんなに凄い?

オジュウチョウサンは障害で走るまでは芝で2戦2敗。
ただ、重賞勝ち馬の全弟。
障害馬とはいえ、普通の馬と同じような調教をするわけですから
別に驚くことでもないでしょう。
障害馬が平地で勝つことが凄い?
それはカテゴリーが全然違うからってことなんでしょうが
だったら、平地でGⅠ勝ったウインクリューガーが
障害で勝ち上がったことも凄い!って評価してほしいし
メイショウナルトが障害OPで勝ち負けしてたことも評価されるべき。
そういう馬は平地力が違う とか言われるだけ。
なんか理解出来ないんですけどね。

3.ライバルがいて輝ける。

オジュウチョウサンを語るうえで欠かせないのが
林騎手曰く「俺のゴールドシップ」のアップトゥデイトの存在。
彼が真っ向勝負仕掛けてくるからこそ、輝けるわけです。
有馬に出走して惨敗したところで まーそうだわなー
ってことで終わるだけ。
ダート競馬で賞金稼いで、ダービーに出走させる馬主と
変わらないじゃんって思うんですけどね。

4.馬主は金を出すだけ。

走ればまず勝てる障害レースを捨てて、ただもらい出来る
賞金を捨ててまで挑戦するのは凄い選択。
と、言う方もいますが そうでしょうか?
この馬主さんがどんな方かは知りませんが金持ちでしょきっと。
レースで入ってくる金額と、今回これだけ注目される、
そして有馬出走本番となればもっと注目される。
いわゆる、経済効果ってものを考えれば
障害勝って入ってくる金額以上のものになるでしょう。
それよりも気に食わないのは、
来年以降、また障害で走れば普通に儲けられるな
って思ってそうなところですね。
走るのは馬。必死に頑張るのは厩舎関係者。
走る馬を持った馬主なんて、いいとこどりするだけ。
馬は生き物です。

5.名前を出すな。

有馬で豊さん騎乗 って名前を出したら
これでもし、有馬で豊さんが騎乗を断ったら
豊さんが非難されることになる。
普通に考えて、有馬を勝ち負け出来る有力馬から
依頼があればそっちを取るのがあたりまえなこと。
オジュウチョウサンとの関係なんてこの1戦だけ。
勝てば有馬記念まで乗ってくれ という約束まではしてないでしょう。
これで逆に、他の馬が豊さんに依頼出来ない雰囲気を出してしまうことも
どうなんだろうって思います。
要は名前まで出したら、いい迷惑にしかならない。

 

以上、言いたいことでした。

すっきりとした朝です(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です