【一口馬主のスタンダードⅢ】

競馬をまた好きになるために

Pocket

まずは回顧。

ヴェロニカグレース 11着。 

<レース後コメント>
津村明秀騎手は
「本当はもっと良い位置で競馬がしたかったのですが、
スタート後すぐ躓いてしまいました。
思うように進められなかったですし、
今日はそこが全てだと思います」と話していました。


(写真 SGさん)

…まぁ文句などは、各々で吐き出してください。

気になったのは、直線でやたら内にもたれたことかな?

それよりもディープ産駒が上位独占したことがガッカリでした。

 

本当ならば、こういう騎乗を見たら
もっともっと怒りが込み上げてくるのが一口馬主だと思うけど
そういう気持ちがどんどん薄れていったのがこの1年でした。

競馬も一口馬主にも興味が薄れていってるこの感じ。

理由はいろいろ見当がつくけど

1番大きな要因は、一口クラブ(ノーザンが手を出してる)の
馬が簡単に毎週勝ちすぎることのような気がします。

 

競馬って思うようにいかないのがある意味魅力でもあって
一口馬主って そんな簡単に勝っちゃダメなもんだと思ってます。

だけど、毎週のように、シルクやキャロットの馬は勝ち上がるわけです。

一般的な競馬ファンから見れば
それはもう 競馬ゲームの延長のようなイメージかもしれません。

だから一口馬主人口も一気に増えるし、
走らなきゃ、すぐ引退をいう奴や、権利放棄を平気でする人間も増える。

 

ノーザン独占状態の1つの悪がこれなんじゃないかな?

 

自分も今は寝返った状態ですけど(^^;
昔からある、アンチノーザンの気持ちは今も変わらず持っています。

ただ、そこに対抗するあの一族に そのやる気を感じない現状…。

 

ゴールドシップという日本競馬のスターを手に入れたわけです。

それは対ノーザン、夢のダービー制覇を狙ってだと思いました。

走る、走らないかはやってみなきゃわかんないけど
結局、やってることは今までと一緒。

 

どうして、ゴールドシップに合う、合いそうな繁殖を探すなり
手に入れるなり、試行錯誤したりしないんだろう?

結局、今持ってる繁殖に、ただただ種付けするだけ。

5年、10年に1頭くらいはとんでもない馬が出るかもしれないけど
あまりにも準備がなさすぎる。

もっと極端に言えば
ゴールドシップ産駒をどこのセリにも出さない。

完全な鎖国状態にして
ゴールドシップと心中するくらいでもいいと思う。

そして、ゴールドシップ産駒の良さを引き出すには
どういう育成をすべきが 学ぶべきです。

 

なんだかんだ
この一族が頑張ってくれないと 競馬界は盛り上がらない。

応援してるんです。

 

今日、有馬記念前なので
昔から仲良くしてもらってる喫茶店のマスターと
仕事終わってから、閉店までの3時間くらい
競馬やジャイアンツの話をしてました^^

競馬の話をしてる時って やっぱり楽しいんですよ。

でも話題に上がってくるのって
今の競馬ではなく、ちょっと前、一昔前の話題なんです。

 

もう1度、心から競馬を好きになりたい。

そんないいきっかけになるような

そんな有馬記念デーになればいいなと思います♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です