【一口馬主のスタンダードⅢ】

決断しました。

Pocket

2年前の4月4日。
それが彼女との縁の始まりでした。

 

僕にとっては

一生忘れられない彼女です^^

 

 

 

マツリダシルヴィさん(牝17歳)

 

 

去年は じょう君。

今年は ゲンちゃん。

 

2年前に出会って、2年連続で父:ウインバリアシオンの

2頭の男の子を産んでくれた素晴らしいお母さん。

 

 

今年は 受胎は出来ませんでした。

 

ただ

年齢的にはまだまだ大丈夫!と聞いてます。

 

 

 

本当なら

まずは 佐々木さんに連絡するところですが

素直な気持ちを伝えたいのでブログで先に書きます。

 

 



 

 

マツリダシルヴィは

今年のゲンちゃんの離乳を終えたら

私の所有から手離すことにします。

 

 

 

寂しいのが本音です。

 

ですが

現状、預託料を払うのに余裕がない状況であることと

 

マツリダシルヴィの19(じょう君)が

八戸市場で声が掛からなかったこと。

 

 

今後のセリで どうなるかは分かりませんが

複数の方からアドバイスもあり、

厳しい状況であることには変わりないことを考えると

 

預託料よりも高い値がつかないのならば

続けていくことは困難であるという結論です。

 

 




 

 

たくさんの方にお世話になりましたが

これで一区切りとさせていただきます。

ありがとうございました。

 

 

もちろん

じょう君もいるし

来年には ゲンちゃんもいます!

 

それはそれで 大事に大事に見守っていきます!!

宝物ですので^^

 

 

 

自分が種付けしていれば

バリアシオン産駒が0になることはない。

 

そんな気持ちもあって やってきましたが

 

今年の八戸市場で

バリアシオン産駒が1番の高値で売れたこと。

 

もう心配することなんてないですからね。

 

少しは恩返しできたかな?^^

 

 

 

今後のシルヴィに関しては

どこかに譲渡する形になるのかな?

またそのあたりはご相談して決めます。

 

 

 

でも これですべてを終わらすつもりはないです。

 

いつかまた!

余裕が出来た時には

 

新しいお母さんを迎えて

頑張ってみたい気持ちは持っています。

 

 

これはまだ 妄想の段階だけど

仕事も独立して再出発してみる考えもあります。

 

 

そしてこれまたさらに超妄想の段階ですが

 

いつか

地方馬主の資格を取りたい!

 

 

かなり厳しい道のりだけど

夢だけは見ていきたい。

 

 

 

 

その時まで

バリアシオンが元気に種牡馬生活してますように★

 

 

普通の人が経験できないことを

経験させてくれた

マツリダシルヴィには感謝しかないです。

 

 

 

 

ありがとね。

 

出逢いに感謝です☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です