【一口馬主のスタンダードⅢ】

がんばれお母さん!

Pocket

今週は出走がないんで
のんびりな週末になりそうです^^

そんな中

2016年のジャパンダートダービー(JpnI)に
優勝したキョウエイギア(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、
今日2月7日付で競走馬登録を抹消した。
今後は、青森県三戸郡階上町のワールドファームで種牡馬となる予定。

とのことです。

 

青森産で、JDDではケイティブレーブを負かして
優勝した立派な競走馬でした。

ワールドファームさんで種牡馬入りとなると
バリアシオンの産駒も多少減るかもしれませんが

芝のウインバリアシオン
ダートのキョウエイギア

青森から中央へ
活躍馬がどんどん出ることを期待してます★

 

うちの繁殖牝馬
マツリダシルヴィも ワールドファームさんにいました。

キョウエイギア号も種付けしてみたい気持ちもありますが・・

もちろんバリアシオンしか種付けはしません。

 

出産予定日は3月の末あたりだったと思います。

元気してるのかなー?

 

今後のビジョンとしては・・・

今年、無事に母子ともに元気で産まれてくるはず!

でも、今年はバリとの種付けはしない予定で
1年空胎にしようと思っています。

そしてまた来年、状態が良ければバリと種付けさせたいです。

 

この判断がいいのか悪いのかは
関係者の方に相談してみようかなとは思ってますが

今年16歳のシルヴィ。

縁で手に入れたお母さんなので
大事に大事にしてあげたい。

離乳まではずっと育児に専念してほしいですし^^

 

いつまで繁殖牝馬として頑張ってくれるか分からないけど

3頭、元気なバリ仔を産んでくれたら もうそれで十分です。

あとは、要望があれば繁殖牝馬としてどこかで。
なければ、どこかの牧場でゆっくりと過ごしてほしい。

 

シルヴィのオーナーとして
いいこと、楽しいこと、嬉しいことがたくさんあれば

ひょっとしたら、その後も何かしらの繁殖牝馬を
持つかもしれないし

辛いこと、悲しいこと、うまくいかないことが多ければ
シルヴィが最初で最後のオーナー牝馬になるかな?

 

僕は、バリアシオンを通して 人生の中での
大事なものをいろいろ教えてもらいました。

シルヴィにもきっと教えられるでしょう。

競馬にはまだまだ未知なる魅力がありはずです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です