【一口馬主のスタンダードⅢ】

シルク募集馬 私的解説書⑤

Pocket

募集開始しちゃったんで
ペース上げていきましょう。

 

 

24.ランニングボブキャッツの20
(父:キンシャサノキセキ)

…最初に気になるのは、父と母の年齢です。

古い血統っていうのは大事な存在なんですが
年齢も高いと活力という面で影響を感じます。

特に短距離でこその馬 を考えると
プラスに出るイメージが出ないし

こういうナスルーラ系を強く持つ馬は
ラチ沿いに走らせていい馬が多いんです。

短距離なら逃げ、先行。

走って見なきゃわかんないけど、活力が欲しい配合です。

<評価 B>

 

 

25.ウルトラブレンドの20
(父:キタサンブラック)

…キタサンブラック というよりも

ブラックタイド産駒はとにかく切れない。

それは産駒にも繋がってると思います。

切れよりも持続。
これを実践している配合に目を向けるべきです。

この馬は芝の切れを求めた配合に見えます。

先行押し切りを狙える馬ではない気がしますね。

<評価 B>

 

 

26.カレドニアレディの20
(父:キタサンブラック)

…こちらは持続力、息の入りのいい配合で

キタサンブラックには合ってる配合には見えます。

適性としては

ダートの1400m、ダートの1700m。

こういうところが合ってるのかな?

<評価 B>

 

 

27.ブロッサムレーンの20
(父:サトノダイアモンド)

…サトノダイアモンドは、アルゼンチン血統なので
評価がちょっと難しいんですよね。

この馬は母は、アホヌーラの濃いクロスを持ってて
いかにも、バテないタイプの馬を出しそうな血統です。

なので、凄い脚を使うとか
そういう派手な走りをするイメージは湧かないけど

やはりディープ系らしい軽さは感じるので
優等生的な安定した走りはしてくれる気はします。

<評価 B+>

 

 

28.ミスティックリップスの20
(父:サトノダイアモンド)

…配合としては かなり好きな、好奇心を煽る血統です^^

母が、ジャネラスにドイツ血統との配合。

そして父が、ディープにアルゼンチン血統。

このいろんな血が入り混じりながらも
バランスのいい配合。

兄弟も結果が出てるし、動画の動きも好きなタイプ。

1つだけ文句を言うのなら

厩舎ですよね。

クラシックに繋げてくれそうな厩舎なら即決なんですが。。。

<評価 A>

 

 

29.ロザリンドの20
(父:リアルスティール)

…リアルスティールは切れよりも

スピードと持続力のディープ産駒でした。

母方の血のよさを活かすには
芝の中距離でより良さを増す父がいいわけで

それを考えると、兄貴よりも魅力はかなり落ちるかなと。

悪い感じはないけど、この価格を考えると
OP入りしなきゃいけないわけで・・・

<評価 B+>

 

 

30.ドントテルソフィアの20
(父:リアルスティール)

…母がアメリカダートGⅠ馬なんですね。

芝での活躍よりかはダートに寄る感じかな?

せっかくディープ系を付けるのなら
芝でバリバリ活躍する馬になってほしいと

願うのが私の本心なんで・・・

こういう母なら、もうちょっと欧州色のあるサンデー系がいいな。

<評価 B>

 

 

31.ソーディヴァインの20
(父:ドレフォン)

…ドレフォンは、豊富なスピードと持続力タイプ。

そこにキンシャサとエリシオ。

芝、ダート問わず
短距離にはかなり向いてる配合に思えます。

仕上がりも早そうだし
2歳Sを狙っていける存在になれたら面白いですね。

<評価 A>

 

 

32.サトノオニキスの20
(父:ドレフォン)

…ドレフォンで芝の切れを求めることが

どこまで現実的なことなのかどうかが気になります。

ストームキャット系ですからね。
あまり期待はしない方がいいとは思うんですが。

あとは、この手の配合は
やはり厩舎を重視したくなるので

その面でもちょっと割引したいです。

<評価 B>

 

 

 

コメントを残す