【一口馬主のスタンダードⅢ】

これが私なりの応援の仕方です。

Pocket

さぁー 面白い皐月賞になりそうですが・・・

 

まずは レイパパレの近況から。

 

  • レイパパレ
    <近況>
    坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。
    「こちらに到着後は、馬体に異常がないことを確認してから
    坂路で軽く乗り出しています。
    悪い馬場を走った後ですが、無理なく勝ってくれたせいか
    思ったほどのダメージはありませんし、
    馬体も435キロまで戻ってきました。
    この調子で軽く動かしつつリフレッシュさせていきます」
    (NFしがらき担当者)

 

…もう軽く乗り出してますからね。

もう1戦、出走しそうな気はします。

出るなら、レース間隔考えても、宝塚記念が第一候補かなー?

 

大阪杯の祝勝会は、コロナの影響でなくなりました。

まぁ 残念でならないですけどねー

そのかわり、記念品が贈られてくるそうなので

それを楽しみにまってます!

 

 

そして スルーセブンシーズも。

  • スルーセブンシーズ<近況>
    トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、
    日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
    「体は徐々に回復してきていますが、
    背腰に関してはもう少しという状況です。
    ただ、春のうちの出走の可能性を見い出すためにも
    今週は坂路にも入れています。
    15-14くらいでじわっと動かしているので、
    この後の変化次第でこのメニューをキープするのか、
    もう少し踏み込むのか、それとも緩めるのか判断していきます。
    馬体重は444キロです」(天栄担当者)

 

…8:2の確率で、オークスは回避と思ってましたが

可能性を探って 出走をまだあきらめてはないようで

嬉しいですね★

バリアシオンもそうでしたが

裂蹄でギリギリまで迷って、ダービーに出た結果が

バリアシオンのその後の人生を変えたわけで

もちろん、無理しすぎはダメだけど

一生に1度のオークス出走。

願わくば、出走してほしいと思います。

 

 

 

そして今週は皐月賞!

 

我が^^ レッドベルオーブは

想像以上に人気も評価も低そうで

それはそれで楽しいなと^^

 

なんだかんだ 朝日杯の1番人気馬。

 

折り合い不安も、藤原英厩舎が

何もしないで いるわけがない。

 

クラシックはやはり厩舎力。

混戦模様の桜花賞も

終わってみれば、須貝厩舎に国枝厩舎。

 

厩舎の経験値、判断力。

それがクラシックという大舞台には凄く影響するんです。

 

 

ずっと昔からお付き合いしていただいてる

一口馬主お仲間さんが

エフフォーリア号の出資者さんで

 

自分もGⅠやっと勝てて

そのお仲間さんも 悲願のGⅠ制覇を心待ちにしてるはずです

 

 

あえて 私は

エフフォーリア号に

ダメ出しを出していこうと思います。

 

いいことばかりしかマスコミは言いません。

希望と期待が入り混じった、1番人気確定の馬には。

 

それを鵜呑みにして いざ結果が悪いと

どん底に突き落とされます。。。

 

経験者は語る です(^^;

 

 

あえて言葉に出しておく方が

逆にそうならないということになることが多い。

 

それを私自身も願っての苦言連発です。

 

 

 

ぶっちゃけ

エフフォーリア号は ダービーだけに集中すればいいんです。

 

中山の平均ペースはまず向きませんし

前走の共同通信杯も

スローで他の馬が折り合いに苦労してる中で

エフ号の取り柄の折り合いの良さが最大限に生きた内容。

 

2、3着馬が次のレースで重賞勝ちましたけど

スローの上がりだけの競馬では能力をフルに発揮できない血統です。

 

 

エフ号は血統的にも

広いコースで 綺麗な走りをさせるべき馬なので

前走は最高のポテンシャルを出せた結果。

あの快勝も普通にうなづけますが

あれが最高の走りだったと言えます。

 

あれ以上、もしくは、あれと同等の走りを今回

期待する方が間違ってます。

 

 

 

今回は枠順もありますが

まずもって、あんなセパレートコースを走れる競馬にはならないし

外差し馬場になってきてるので

直線に入ると、より馬群が密集します。

要するに、綺麗な走りが出来なくなるんです。

 

 

あと、前を追いかける競馬も向いてない。

これは血統面です。

 

 

そして大きな問題は、人気と騎手と厩舎。

 

 

経験豊富で実績のある調教師なら

ダービー大目標で ここはそこまで勝負しません。

 

エフくんはどうやらまだ体調面にも不安があるそうなので

よりこの皐月賞をどう使うのかが次に影響します。

 

 

私が調教師なら

直線まで我慢させて、外に出して脚を伸ばす。

それしかやらせません。

届かなくても、それでいいんです。

 

 

 

しかし、1番人気と、若い騎手。

 

捨てるレースなんて出来ないんです きっと。

 

勝ちに行くなら、位置を取りに行くんでしょうが

ただ、次がダービーなので

前に行く競馬はさせたくないだろうし

でも、勝負に行かざるを得ない。

 

となると、勝負どころで動いていくしかない。

 

馬にも負担はかなりかかるレースになります。

 

 

二兎追うものは・・・なんてことも頭をよぎります。

 

 

そのあたりの割り切りが出来るかどうか?

 

 

この調教師にこの騎手。

難しいと思わざるを得ません。

 

 

 

もし私が エフ号の出資者だったら

マスコミにもうこれ以上持ち上げるなー!!!

1番人気なんてくそっくらえだー!!!

って言いたくなります。

 

 

私は出資者として

GⅠってものは 自信満々、自信たっぷりで

見るものじゃないと思ってます。

 

不安な気持ちで見てあげないと

競馬の神様は降りてこない。

 

 

コントレイルの福永のように

今年は出るレース全部勝つ!

みたいなこと言うから 競馬の神様はそっぽ向くんです。

 

 

謙虚に謙虚に。

 

これが私からお仲間さんに送るエールです^^

 

 

慢心だけは本当にダメですよ。

 

 

私は今回、めっちゃ気楽な立場です(笑)

 

 

コメントを残す