【一口馬主のスタンダードⅢ】

満口御礼申し上げます。

Pocket

ちょっと前になりますが

広尾さんで募集されてました
ウインバリアシオンの初年度産駒。

サクラバーベナの17 

約1か月で満口になりましたー★

おめでとうございます! ありがとうございます!

 

いくらお値打ちな価格だったとはいえ、

大手クラブでもないし、1000口募集。

もちろん、菜七子ちゃんがきっと間違いなく騎乗するという
付加価値はあったにしても 出来すぎともいえる反響の凄さ。

 

バリアシオンをまだ心に残してくれている方が
たくさんいることが証明されただけでも 嬉し限りです♪

あの頃の競馬は ホント、面白かったなーって今思います。

 

満口になったからいいますが…

正直、この血統で 大丈夫だろうか?
本当に満口までいけるのかな?

そう思ってました。

 

サクラバーベナの繁殖成績、そして牝系。

中央で活躍していた馬はほぼいないわけですから
普通のクラブなら 募集馬に出すこともしないんじゃないかな?

 

だからこそ、今回のサクラバーベナの17に関しては
この方のお力がすべてだと思ってます。

この場では、Sさんとお呼びしておきます。

<サクラバーベナ17 募集までの経緯>

 

クラブの募集馬に入れることなんて
そんな簡単なことじゃないはず。

Sさん、きっと裏ではかなり苦労されたんじゃないかと思います。

いろんな方のご協力もあったと思います。

ただ、そこにあったのは
バリアシオンの初年度産駒をなんとかして
クラブ馬として走らせたい!という強い想い。

そしてそう思わせる何かを持っているのが
ウインバリアシオンという馬なんだと思います!

 

いろんな分野で サクセスストーリー ってのはあります。

よくドラマにもなったりしますが

その要所要所で、欠かせない存在になる方が出てきます。

 

将来、バリアシオンが種牡馬として成功した時には

間違いなく、Sさんがその欠かせない
存在の1人であったことに違いありません。

 

去年のお披露目会後の懇親会終わりに
ホテルの方向が同じだったので
一緒にタクシーに同乗して、その場で名刺を頂いたんですよねー。

凄い方になったなぁーって思っております^^

 

今回、サクラバーベナの17に出資されたみなさん。

温かくずっと見守ってあげてくださいね。

 

元をたどれば

ある青年と父親が、サクラバーベナという繁殖を譲り受け
種牡馬ウインバリアシオンに夢を託し、
クラウドファンディングでたくさんの方の協力を経て
産まれた仔がこの仔です。

 

ほんとに ほんとに 小さな小さなところから
クラブ募集されるまでに至ったこと。

大手クラブ、良血馬にはないものを背負っています。

 

競馬っていいなー

そう思わせてくれる サクセスストーリーになりますように★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です