【一口馬主のスタンダードⅢ】

本当の姿。

Pocket

レイパパレの最終追い切りが行われました。

 

 

騎手と調教師のコメントが
なかなか興味深かったんで

まずはクラブの近況から。

 

  • レイパパレ
    <近況>
    10日は栗東坂路で追い切りました(52秒9-38秒4-24秒7-12秒5)。
    「今朝はルメール騎手に乗ってもらって、
    同じクラブのライトウォーリアと併せて追い切りました。
    追走の形から3ハロン目で加速、最後は少しプッシュしてゴールという形です。
    ジョッキーは“折り合いがついてコントロールはOK。
    秋華賞前に乗った時の方が軽さはあったが、
    その分パワーアップしている”と話していました。
    やはり馬体も大きくなっていますし、パワーがついてきているのだなと
    改めて感じました。
    このひと追いできっちり仕上がったと思いますし、
    ジョッキーもいい感触を掴んでくれたようなので、
    期待してレースに臨みたいですね」(高野師)
    14日の阪神競馬(エリザベス女王杯・牝馬限定・芝2200m)に
    ルメール騎手で出走を予定しています。
    本馬は12月12日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)に加えて
    (香港マイル・芝1600m)にも選出されました。
    出否については状態を見ながら判断していきます。

 

そして

<高野調教師のコメント>

 

さらに

<ルメール騎手のコメント>

 

 

ルメールさんがどんなコメントをしてくれるか

そこに凄く興味があったんです。

 

 

中でも注目コメントは・・・

レイパパレはずっと速いペースを維持することができます。
途中でも一生懸命走っています。
途中でリラックス出来たら、最後もゴールまで頑張ってくれます。
ストロングポイントは彼女のリズムですね。

 

スタートからスピードを出してくれます。
良いペースを維持することが出来ます。
距離はちょっと心配しています。
2200メートルはちょっと長いと思います。
2000メートルまでは良さそうですが、2000メートルを超えるときつくなりますね。
一番大事なのはスタートからリラックス出来れば、
もしかしたら別の馬の後ろが取れればリラックス出来て、
最後は良い脚を使えると思います。

 

 

レイパパレの走りをずっと見てきて

1番やってほしくないのが

逃げ馬の外に並ぶように走らせること です。

 

それがここ2戦の内容でした。

 

 

逃げなきゃいけない とは思いません。

ただ

控えるのなら 前に馬を置いてほしいんです。

 

もともとは 馬群でがっちり我慢させて

差し切りをしていた馬です。

 

それでも行きたがりはしましたが

番手の外で競馬させるよりは いい走りをしていたと思います。

 

もちろん

マイペースで行くなら行っていいと思うし

控えるのなら それこそ中団くらいでもいい。

中途半端な騎乗だけは勘弁なんです。

 

 

ここ2戦 力みながらも

直線で追い出されると 一瞬はググッと伸びて

他馬との差を広げられました。

 

それがレイパパレの素晴らしいところです。

 

あとはその追い出す場面がどんな状況か ってとこ。

 

 

他馬よりも もっと前で追い出してるのか

ギリギリまで追い出しを待って

一瞬で差しぬけるか。

 

 

今回がレイパパレの本当の試金石。

 

この内容次第で

今後 迎うべき路線がはっきりとするはずです。

 

 

香港の2000mでも1600mでも選出されて

さすがにこれだけレース間隔が詰まったら

出ることはない

って思ってたけど

 

どうやら陣営は

出走意欲はある? そんな気がしてます。

 

そのくらい レース後の反動がなくなったんでしょうね。

 

 

香港で走る姿

ホントにホントに見たい!!

 

 

そのためにも

今回 いい走りをしなきゃね☆

 

 

当日の阪神競馬場。

 

指定席

落選しました。。。

 

 

家から

想いを込めて 応援したいと思います^^

 

 

 

コメントを残す