【一口馬主のスタンダードⅢ】

力を下さい!

Pocket

さぁー 決戦前夜です!

 

今日の2頭の回顧はまた後日ということで・・・。



ダイアトニック、レッドオルガ。

共に予想番組では評価が低めですね。

 

馬鹿の1つ覚えのように

ダイアトニックは距離が長い。

オルガは左回りしか走らない。

 

なら私は長所を書きます。

<ダイアトニックの長所>

  1. 前走は本調子じゃなかった。
    (夏負け後でなんとか間に合った感じ)
  2. まだまだ成長途上。
    (底が見えていない)
  3. 1600mなら追走が楽になる。
    (距離が持たないって奴は馬を見てない)
  4. スミヨンなら勝ちだけを意識した騎乗をする。
    (逃げ馬不在レースは強気が結果に繋がる)




<レッドオルガの長所>

  1. ディープ産駒。
    (京都の外回りでは外せない)
  2. 去年の全姉:レッドアヴァンセが僅差の走り
    (コース適性はかなり高い)
  3. 差し馬にはもってこいの2枠4番
    (やりたい競馬がはっきりしている)
  4. 今日の京都1600mを勝った馬がアサクサキングス産駒
    (父系がダンシングブレーヴ。オルガの母父が同じ)

 

今回は有力どころにマイナス要素が見受けられる。

初の関西、騎手の急遽乗り替わり、予定外の出走。

付け入る隙は間違いなくある。

 

自分にとって
京都競馬場にはいろんな思い出があります。

 

初めて中京以外で行ったのが
バリアシオンのきさらぎ賞。

目の前で三冠馬を見せつけられた菊花賞。

GⅠ制覇に1番近づいた天皇賞・春。

バリアシオンの最後の雄姿を見届けたあのレース。

そして今年の1月、目の前で勝ったくれたダイアトニック。

 

何かが起こると思います★

 

明日は赤いネクタイ締めて

レッド色で口取りを出来ることを願います!



さー 寝よー^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です