【一口馬主のスタンダードⅢ】

楽しみな8&10。

Pocket

まずは昨日の回顧。

東京7R
ウインメディウム 10着。

<レース後コメント>
松岡正海騎手
先生からは「腰が弱く、トモが嵌るまでじっくり」と指示をいただき、
そのつもりでいましたが、スタートも出てくれて、無理なく先行できました。
ペースは速くなく、直線でも手応えはあったので、
「勝つかも」と思ったほどでした。
しかし、坂を上ってから完全に脚が上がりました。
前残りの流れですから、もう少し粘って欲しかったところです。
腰、トモは弱いのですが、走りのバランスがいいので、
そのあたりはなんとかカバーできているように思います。
距離はあまり長くない方が良さそうです。

ウインスタッフ
もともと気性的に前向きさがあり、稽古もいい時計で動ける馬です。
前回はあまりに速い馬場により後方からになってしまいましたが、
良馬場で少し時計が掛かればこのクラスの1400mでも前に行けるのでしょう。
しかし、腰、トモの弱さから追ってからが甘く、今日もラストの止まり方が極端でした。
今後は距離を短縮するか、交流競走など直線が短く、
平坦なところを狙うかだと思います。
今後については、レース後の状態を見てから判断します。


(写真 SGさん)

 

…ロケットスタートだったので控える競馬が出来ませんでしたね。
 まぁそれにしても最後はちょっと止まりすぎ。
 このあたりの弱点を上手に矯正できる牧場ならいいんですけどね。。。
 まだまだじっくりと見守っていきましょう。
では今日のレース!
東京8R 精進湖特別(芝2000m)
6枠6番 ルヴォワール M・デムーロ騎手
…さぁ ついに初の東京コースでの走りですね!
 父と母が出会ったJCから何年経つんでしょう。
 きっといい走りを見せてくれると思いますよ。
 とにかく伸び伸びと。
前が残ってしまったらしょうがない。
 ルヴォワールらしい、スケールのデカい走りを!!
東京10R 紅葉S(芝1600m)
2枠2番 レッドオルガ M・デムーロ騎手
…前走はおバカな騎手が新潟でどん詰まったおかげで
 まったく競馬になりませんでした。
 ミルコならそんなことにはならんでしょう。
 相手はモレイラでしょうね。
 スッと勝ち上がってOP入りしましょう!!
そして今日はもう1R。
盛岡7R B2(芝1700m)
4枠4番 レッドルーク 菅原俊騎手
<近況>
伊藤調教師
「レース間隔は窮屈ですが、レース後の状態に異常が見られないので、
クラブ側とも相談させていただいて出走を決めました。
距離に不安があって、どんな競馬になるかもやってみないと分からない…
というのが前走でしたが、結果的にゲートから実戦形式で
強めの稽古というか能力検定を受検したような感じも。
時計になる稽古は必要ないのでここまで軽い運動で進めてきましたけど、
精神的にも安定していますし、大きなストライドでフットワークは変わらず伸びやか。
月曜日に本追い切りをビッシリやったと考えれば、
このローテーションもさほど気になりません。
ただ、輸送だけはどうしようもないですからね。
もっとボリュームアップさせたいというのが本音なので、
体を減らさないようにと思ってこの数日は進めてきましたけど、
さすがに少し減ってしまうかもしれません。
どちらかというと輸送自体は上手な方だと思うし飼葉も食べているので、
前回くらいの数字で競馬にいければいいんですけど。
距離も延びて条件的には大きく好転といえる今回の競馬。
半信半疑だった1000mを好内容で勝ちきれたことは自信になりますし、
乗り役もまた自信を持ってレースに臨めるかと思います。
最後の開催らしい芝コンディションで時計も掛かっていますけど、
そのあたりを苦にするタイプではないですからね。
枠も内過ぎず外過ぎずでちょうど良さそうですし、
ゲートを互角に出てスムーズに流れに乗れれば、格上挑戦にはなりますが
十分にチャンスはあるはずです。
バタバタと連続して出走することになってしまって申し訳ありませんが、
何とか結果で応えられればという気持ちで出走態勢を整えていますので、
また応援よろしくお願いいたします」
…変則連闘という形になりますが、芝のレースがもうこれで最後なんですよね。
 相手関係など分かりませんけど
 あとはルークの頑張りと陣営の温かい気持ちに応えてほしい。
 中央で待ってますよ!!
さぁ 今日は楽しみな3レースです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です