【一口馬主のスタンダードⅢ】

負けん気。

Pocket




まずは土曜の回顧。

中山2R
ヴァリアントジョイ 7着でした。

…詳しくはまたレース後コメントの出る
明日に書こうと思いますが・・・

まずは ダートで前進しましたねー。

砂を被っても怯まないのは
バリ産駒の素晴らしいところ。

一口やってる人は分かるでしょうが

砂を被って嫌々する馬なんていくらでもいます。

これは気持ちの面が1番影響してると思います。

バリ産駒って、気持ちが安定してるというか
自分を見失わない そんな感じがします。

砂を被っても 立ち向かえる
そんな負けず嫌いな面も持ってるのかもねー。

いつかダートの活躍馬も出てくるでしょうね。

特に、マルカバージョンはアドマイヤランディの下なんで
ダートの大物になっても驚かないですね^^



では今日の出走馬!

阪神6R 3歳上1勝クラス(ダート1200m)
5枠9番 アーズローヴァー 斉藤騎手

…未勝利勝ったダートにまた戻りました。

芝がダメではないんだろうけど
ちょっと単調な競馬が続いたんで
ダートに変えるのも悪くはないと思います。

ニジンスキー系の血を持つ馬は
結構ダート向きな馬も多いですからね。

あとはとにかく!

馬体重が10kgくらい増えていてほしいな。

それが出来ていれば
普通に好走できるはずです☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です