【一口馬主のスタンダードⅢ】

人間不信、クラブ不信。

Pocket

昨日の飲み会。

結局、深夜3時まで飲んでました。。。

あー しんど(^^;

 

そんな中 この週末。

出資馬達の結果は散々。。

まさか1頭の3着以内に入れないとは。

そして引退勧告までね。

 

アーズローヴァー 4着。
ヴァイザー 6着。
トゥザフロンティア 9着。

ウインプリンツ 14着。
ルヴォワール 7着。
ウインガナドル 13着。
ウインメディウム 14着。

 

唯一の光は初芝で4着となったアーズローヴァー。

芝ダート兼用で行けそうなことですね。

 

あとは文句ならいくらでも出るような感じ。

ただ、競馬なんでそこまでうまくいかないのも分かる。

寂しいのは、1番いい頃を知ってるだけに
ルヴォワールの弾けない感じがなんとも。。。

 

<ウインプリンツ レース後コメント>
国分優作騎手
ゲートの中でうるささも見せていましたが、
なんとか我慢してスタートを切ることができました。
いいスピードがある馬で、今日もほとんど何もしなくても
スッと先手を取ることができましたし、流れも緩く、
道中は楽にレースを進めることができました。
4コーナーで後続に来られた時にも合図を送るとしっかり
反応してくれましたし、直線はもう少し抵抗できるかとも
思ったのですが・・・。
喉の音は多少気になりましたが、それが影響して止まっている
感じではありませんでした。久々の影響があったのでしょうか。

ウインスタッフ
距離短縮でも楽に先手を取れたようにスピードは見せましたが、
直線ではかなり極端な止まり方をしてしまいました。
番手にピタリと付かれる展開だったとはいえ、ペース自体は楽でしたし、
あれで14着まで着順を落としてしまったのはいただけません。
「喉の影響はない」とはジョッキーで、となると、
あとは久々の影響が考えられる敗因ですが、
今日の平凡な内容だと使った上積みを持ってしても、
ガラリ一変までは考えづらいところです。
出資会員の皆様には大変申し訳ありませんが、
週明けにも登録抹消の方向で協議を進めさせていただきます。

…僕は短距離で先行できることはその馬の能力だと思ってるし
後ろからしか競馬出来ない馬からすれば
それは魅力的な能力なわけです。

前走、初めて掲示板に載って
故障後、初のレースで初めてハナを切った。

まだ4月でしょ。
ペースが遅いからとかそんなのどうでもいい。

この前、中京に行った時
今日の文章を書いたスタッフさんが

『相手が弱くなる福島の短距離ダートであるとか
それこそ、地方交流出走も含めて
なんとか勝ち上がるように頑張ります!』

そう、はっきりと出資者の私に言ってくれました。

言ったことと、登録抹消にすること。

これじゃあ 信用、信頼なんて得られるわけがない。

 

わざわざ、競馬場にまでいって レクチャーにまで行って
話を聞く人間は 間違いなく本気で話を聞きにいってます。

 

嘘はつくな。

 

こういうことをするから

出資した人数が少ない馬は冷遇されると感じるわけ。

 

どの馬も差別しないで扱ってほしい。

どうしてそれができない?

 

一口馬主を初めて より競馬が好きになった部分もあるけど

逆に競馬に冷めてしまうこともしばしば。

今日の皐月賞を見ても
何も感じないんですよね。

心から競馬を、馬券を楽しむのなら

一口馬主なんてやらなかった方がよかったのかもしれない。

 

ちょっと競馬観までも考えさせられた

そんな週末でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です