【一口馬主のスタンダードⅢ】

降級の夏、日本の夏②

Pocket

まずは今日の回顧。

リゾネーター4着でした。

パドックの雰囲気は悪くなかったですよ。
いいころに比べると、もうちょっと筋肉のメリハリが欲しいなぁとは
思いましたが、休み明けなので仕方がないですかね。

スタートは今一つだったので出ムチも入って
木幡君的には、先行させたかったんでしょうけどね。

道中は中団やや前。
しきりに外に出したがって、早めに踏んで行ってるんですけど
なかなか前との差は詰まらず。
コーナーで外に膨れましたし、そこからは伸びずばてずの位置のままでゴール。


(写真 SGさん)

<レース後コメント>
木幡巧也騎手は
「いい頃に比べると行きっぷりが一息でした。
それに揉まれない方が良いのでしょう、
馬が近づくとフワッとするところがありました。
でも休養前に比べるとレース振りは良くなっていますよ」と話していました。

…見てても分かるんですけど、走る方に集中しきれてない感じが出てて
元々、前向きさを前面に出すタイプではないものの
力を出し切った感じの走りでもないんですよね。

体も力も持て余してる感じなので
このあたりが解消されれば、もっと上に行ける馬です。
とりあえずは次走でどこまで変わるかでしょう。


では明日、2頭が出走です!

今日も降級馬でしたが、明日も降級馬がいます。

まずはその前に。

東京9R 小金井特別(ダート1400m)
3枠6番 ウィズエモーション 大野騎手

…中間、除外があったんですが仕上がりはいいですよ。
じっくりと溜める競馬が板についてきましたし
このクラスでも差のない競馬が出来てます。
展開1つで十分複勝圏内はあると思ってますよー^^

 

東京10R 多摩川S(芝1600m)
1枠1番 レッドオルガ ルメール騎手

…前走勝って、同条件。
当然ここも連勝の期待は大きくなりますね!

前走の状態は維持できていると思うので
気になるのはやはり雨でどんな馬場になるかですね。

多少の重馬場はこなせるはずだけど
内が悪くなってきてると
この枠が悪い方に出るかもしれませんし
あとはもう、鞍上の判断、手腕に期待でしょう。

ここを勝って、正真正銘のOP馬になって
秋に備えてじっくりと休養と取らせてあげましょう★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です