【一口馬主のスタンダードⅢ】

中山フェスタ振り返り。

Pocket

遅くなりましたが、日曜中山の回顧の続き!



  • ウインガナドル 5着。
    <レース後コメント>
    上原調教師
    最初もミルコの馬が来ていましたし、その後も2頭に
    突かれて少し速いペースになりましたかね。
    それを考えれば、最後もバッタリ止まらず、
    よく頑張っていると思います。
    坂があると最後の粘りに響くので理想は平坦ですが、
    うまく嵌ればチャンスはあるはずです。

    ウインスタッフ
    今回の放牧明けは、最近にしては珍しく「硬さがなくいい状態」
    とのことでしたし、最終追い切りでもいい反応を見せていました。
    枠も良かったですし、ゲートも決まり、
    うまく自分の形に持ち込めたと思います。
    理想は単騎の楽逃げでしたが、クラスが上がれば
    そう簡単には楽なペースにさせてくれません。
    それでも、最後ももう一度踏ん張っているように
    いい勝負根性は見せてくれたと思います。
    上のクラスだとなかなか逃げて勝たせてはくれませんが、
    展開が嵌った時には勝利も見られるでしょう。
    次走に関しては、レース後の状態を見てから決めることとなっています。


(写真 SGさん)

 

…正直、ラジオNIKKEI賞2着、新潟記念4着時と
怪我をしてからの今では走りが違うんですよね。

1度使うとガタっときますし、連戦出来ないのも辛い。

準OPが壁にはなってきますが
なんとかOP入りを目指して頑張ってほしいです。

ステイゴールド産駒なので まだまだいけるはずです!



そして。

  • トゥザフロンティア 1着!!
    <レース後コメント>
    8日の中山競馬は先頭に立つと、最後までリズム良く駆けて
    後続を抜かせず逃げ切り優勝。
    「これまでのレースっぷりを見ていると急に力んでみたりと
    少し乗り難しそうな印象がありましたから、
    如何にリラックスさせて体を使わせるかを
    意識しながら競馬へ向かいました。
    選択肢の1つにあって実際のところ今回はハナに立つ形を
    とりましたが、思惑どおりにリラックスできていたんです。
    おそらくですが、喉からくる苦しさを馬自身が気にしているの
    かなと思えたのですが、音はあるけど苦しがるところはなく、
    程よくふわっとでき、力みすぎることなく走れていました。
    直線でも後ろが来た分だけ伸びるという感じでしたね。
    力がないとできないことで、今日は力差があったことが
    大きいのだと思いますが、まだ自分でセーブしようとするところがあります。
    そういうメンタルであったり、体を十分に使えるようになると
    さらにパフォーマンスが上がりそうですよ。
    バックストレッチが長くない中山マイルのコースレイアウトも
    うまくフィットしたのかもしれませんが、
    力を発揮できるようになれば場所を問わず走って
    くれるようになってもいいはずです」(三浦騎手)
    前走の内容からチャンスが巡ってくるのは近いかもしれないと
    思えたのですが、いきなり結果を出すのですから大したものです。
    今日は人馬の呼吸が合い、リラックスして上手に走れたことが
    何よりでしょう。
    不振を脱し、これから軌道に乗ってきてくれたらと思います。
    今後につきましてはレース後の状態をよく見たうえで判断していきます。

 


(写真 SGさん)

 

…うまく乗ってくれたと思います。

いい枠にも恵まれましたしね。

個人的は勝ちっぷりにはまだ物足りなさはあります。

あそこからグッと突き放す場面が欲しいですよね。

ノドのことも指摘されてますし
先々のことはなんとも微妙な気もしますけど

この血統はいつどこで覚醒するか分からないので

その時をじっくりと待ちます!

 

なにはともあれ 3勝目 おめでとう★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です