【一口馬主のスタンダードⅢ】

何か物足りないなー。

Pocket

1日遅れの回顧ですー。

 

小倉5R
ソニックベガ 4着。

<レース後コメント>
北村友一騎手
「調教時からゲートに課題があると聞いていたので、
気を付けてはいたのですが、扉の開閉に加えて、
周りの馬が出た時にも驚いてしまいました。
それでも良いスピードは有りますし、3~4コーナーから上がって、
最後の直線でも鋭い末脚を使ってくれましたから、
持っている能力は高いと思いますよ。
今日は見た通りゲートさえ決まれば、もっと際どいところまで
差を詰め寄っていたはずですから、この経験を活かして
次はもっとスムーズな競馬が出来ればと思います」

斉藤崇史調教師
「輸送で馬体が増えるくらい体調は良かったと思いますが、
まだ気持ちの面が幼いですね。
毎週ゲート練習を行っていましたが、相変わらず扉の開閉で
ビックリしてしまったようですし、それに競馬になると
他馬にも驚いてしまっていたようですから、
その点は今後の課題となるでしょう。
それでも終いの脚は見どころがあり、スタートさえ決まっていれば
と思わせるような内容でしたから、力があるところは
見せられたのでは無いかと思います。
また、体つきももう少しメリハリが付いてきて欲しいですね。
現状は2歳馬らしい体型で、良化の余地を残していますので、
成長を促しながらレースに臨んでいった方が良さそうです。
ですので、優先出走権を獲りましたが、
この後はいったん牧場にお戻しさせていただきたいと思います」

…最近、がっつり出遅れる出資馬が多いなー(^^;

あれだけ大きく出遅れて
最後差のないところまで来るんだからいいんですけどね。

ただ、勝ち時計もかなり遅いし
あまり焦らないでいく方向性はまぁいいでしょう。

なんだかんだ
シルクの馬は格好をつけるんですよね。

そりゃ出資したくなるわなー

 

小倉10R
ヴァイザー 6着。

<レース後コメント>
11日の小倉競馬ではまずまずのスタートから
4番手の内でレースを進める。
直線はジリジリと脚を使うも上位には迫れず6着。
「スタートは良かったですし、道中はロスなく立ち回ることができました。
どうしても少し力むところはありましたが、
それでも芝のレースに比べると余力があり、
うまく息を入れることができました。
いい結果を出すことができず申し訳ありませんが、
キックバックを気にすることもありませんでしたし、
ダートの走り自体は良かったと思います」(北村友騎手)

「今日は非常に気合いが乗っていていつもより状態は良く見えました。
最後は伸び切れませんでしたが、レースぶりからも
ダートの適性は十分に感じましたから、次走でも引き続き
ダートに使おうと考えているところです。
暑い時期なのでレース後の状態をよく確認し、番組を検討していきます」
(高橋亮師)

直線はジリジリとした伸びになりましたが、道中の行きっぷりは良く、
ダートの適性を感じさせてくれました。
慣れが見込める次走でさらに前進を期待したいところです。
この後はトレセンで馬体を確認してから検討していきます。

…まぁ前向きな6着ですね^^

大きく走りのギアが変わる馬ではないけど
その分、バタっと止まる馬でもないんですよね。

なのでダートをきちんとこなせたのは大きいです。

1400mあたりでさらなる前進あると思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です