【一口馬主のスタンダードⅢ】

ツーショット写真★

Pocket

では ウインガナドルの回顧を
写真たっぷりでお送りします♪

メインレース前には雨も上がってましたが
寒風吹きすさぶ寒さでしたねー。

中京ではいつも
最前列で写真を撮ります。

なぜなら…
TVのパドック映像に映れるから(笑)

今回も・・・ばっちり^^

 

JRAさん
最高のツーショット写真をありがとうございます^^

 

では私の写真も。

+22㎏でしたが そんなに太くは感じなかったですね。

いつの間にか2人引きになってますが
これはガナドルが1度暴れたからです(笑)

ガナドルを生で見るのは初でしたが
この眼を見ると やっぱりステゴ産駒だなーって
思わせてくれます。

これなら長期休み明けでも…と思いましたね。

返し馬にはなかなか行きませんでしたね。

ずっと誘導馬にくっついてました^^

ちなみに前で邪魔してる右側の方は
ご存知のあのF調教師です(^^;

レッドオルガがお世話になっておりますー。

この後は、荷物をロッカーに置いてきて
さぁー 口取り目指してのレース観戦。

楽に先手奪えた時には心躍りましたけどね。

<レース後コメント>
吉田隼人騎手
大幅プラス体重(+22キロ)でしたが、見た印象も乗った感触からも
太め感はありませんでした。
過去のレースVTRを見て二の脚が速いことは分かっていましたし、
スタートの出こそ速くありませんでしたが、
テンは無理に急かすことはしませんでした。
思っていた通り、徐々にスピードに乗って自然とハナへ。
1、2コーナーまでは少しハミを噛むところがありましたが、
向正面に入って以降はリラックスして走れていましたよ。
直線では外側へ若干張り気味でしたが、矯正できる範囲内でしたし、
追い出してからもしっかりと脚を使えていました。
勝った馬には並ぶ間もなくあっさりと交わされてしまいましたが、
最後まで踏ん張っていましたし、休養が長かったことを考えると
よく頑張ってくれていると思います。
初めて乗せていただきましたがやはり能力が高い馬だと感じましたし、
ここを一度使ったことで次はさらに良くなると思います。

ウインスタッフ
体つきを見て数字ほどの太め感は感じませんでしたし、
休み明けとしては悪くない仕上がりに映りました。
休養前には菊花賞に出走した実績があり、「二階級降級なら久々でも」
という人間の先行気味の期待もありましたが、
4着とはいえ2着馬とは僅かコンマ2秒差でしたし、
冷静に1年ぶりで重度の骨折明けということを考えれば
立派によく頑張ってくれています。
もちろん次に向けて状態面で良化の余地も大きいでしょうし、
いつまでもこのクラスで足踏みをする馬ではないと思います。
なお、今後は状態に問題がなければ続戦を予定しています。

…骨折とはいえ、時間がかかったように
軽いものではなかったんですよね。

この走りが出来ればまだ上を目指せますし
OPまで出世してほしいと願ってます!

次は福島あたりかなー?ってお話でしたね。

明日は おまけコーナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です