【一口馬主のスタンダードⅢ】

ショックすぎる出来事。。。

Pocket

もうショックすぎます。。。
しばらく立ち直れないかも。。。

 

 

ディキシーナイトの屈腱炎発症!!

 

 

よりも

 

 

マッキーの逮捕・・・。

 



小学生の時から
まっきーの曲 大好きなんです。

 

あの99年の逮捕の時も落ち込んだけど

まだ出直せる。

やり直せると信じて ここまでやってきたわけで。

 

もう完全に薬からは立ち切れた。

そう信じ切っていたのに。。。

 

2年前のこととはいえ

このニュースには愕然としました。

 

 

1度の過ちを犯しても
まだ再起できる。

それを誰よりも1番体現していた人だと

1番再び 薬で捕まっては1番いけない人だと思ってた。



 

今年で30周年。

寂しすぎます。

 

これだけはホントに勘弁してほしかったよ まっきー。。。



 

陰に隠れたけど
ディキシーナイトの件も。

  • ディキシーナイト
    <近況>
    「先週の追い切りの前と後で特に大きな変化は見られなかったものの、
    今回天栄から入ってきて脚をチェックするたびに
    若干張りと熱感が残るな…と思ってはいたんです。
    歩様に乱れは出ていないし、天栄にいた頃の状況とある意味
    変わりはないと言えるのかもしれませんが、
    右前脚の球節から繋の部分という、あまりいいところではない
    箇所にそのような症状が見られたので、
    しっかり確認をしておいたほうがいいと思って検査をしました。
    その結果、繋部分の内側と外側の腱とで差があり、
    内側のほうが少し傷んでいるように感じられました。
    血流を見て症状の有無を確認する別の検査も行ってみたところ、
    やはり内側は炎症を示すということで、このまま無理を強いると
    大怪我になりかねないと思えました。
    明け4歳でまだこれからの馬ですし、前回も走ってくれていて
    大事にすべきとも思いましたから、クラブ、牧場とも
    相談をしてここは休ませてあげたいと思い、
    その判断をさせていただくことになりました。
    屈腱炎という診断名がついてしまい、繋部分なので細かい
    パーセンテージなどで表すこともできず、
    負担もかかりやすいので必ず復帰できると言い切れないものでも
    ありますが、大きく損傷する前に食い止めたことで少しでも
    復帰のメドが立ちやすくなってくれたらと思っています」
    (国枝師)
    12日にNF天栄へ放牧に出ました。
    今後については時間をかけて経過を観察していきながら復帰を模索していきます。

 

…正直、どこまでの深刻度なのかはよく分かりません。

なので復帰できる可能性もよく分かりません。

屈腱炎 といっても
バリアシオンの例もあるのでね。

もともと募集時から
脚元にはかなり不安がある馬じゃないかとは思ってました。

諸刃の剣というか
その分、大地を蹴る力強さにも繋がるとも思いました。

現状、こういうことになってしまったのは仕方がない。

あとはもう
もう1度、ターフに戻ってこられることを願うのみです。

 

関係者の皆様 よろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です