【一口馬主のスタンダードⅢ】

ウィークポイント。

Pocket

オータムセールを振り返り。

 

 

結果的には

マツリダシルヴィの2019は

132万円で落札されたわけですが・・・

 

この価格で満足してるの?

って思う方もいると思います。

 

 

ウインバリアシオンの種付け料がかなり安いので

とんでもない損はしてませんが

 

毎月の預託費用を考えれば

もちろん赤字です。

 

 

 

この価格でも納得する要素。

それは

彼自身のウィークポイントがあったからです。

 

 

 

私自身 芝馬の中距離馬が大好きなので

この馬体は見てても いいなー★って思うんですが

 

この仔はとにかく

飼い葉食いが悪いんです。

 

 



 

 

セリ当日の夕方

コンサイナーでお世話になった

荒谷牧場さんの荒谷さんから

お電話を頂きました。

 

 

『肩の荷が下りたー』

って

おっしゃってましたが(笑)

 

 

彼は

飼い葉食いが悪く なかなか身にならないので

栄養価の高いエサを上げようとしたそうです。

 

 

すると・・・

 

まったく食べなかったそうで。。。

 

 

飼い葉にそれを混ぜて入れると

飼い葉すらも食べないとか。。。

 

 

牛乳嫌いの自分によく似てますね(^^;

好き嫌いが多いところも似てるな(^^;

 

 

 

写真で見ると そうでもない気はするけど

 

きちんと栄養を取ってないということは

 

実際に見てみると

筋肉の張りであったりとか

毛艶とか、肌の感じであるとか

歩様の力強さであるとか

 

それこそ 目の力にも影響が出てくると思うんですよね。

 

 

あとは

トモの緩さ。

 

セリ当日も、ふらつくような感じがあったそうなので

そういうウィークポイントがあることを知ってましたので

 

今回は価格云々よりも買い手が見つかることを

第一に思っていたということです。

 

 

ちなみに

同じウインバリアシオン産駒で440万円で落札された

同じ荒谷牧場さんにいた ブラウブリッツの2019は

その栄養価の高いエサをバリバリ食べていたそうです^^

 

この差はデカかったですねー。

 

 

荒谷さん曰く

160cmという体高で発表されていたけど

もっとあるそうですし

まだ伸びてるそうです。

 

この上に伸びてるのが止まってくれると

身が入ってきてくれるんじゃないかな?ってことでした。

 

 




 

 

 

この課題をクリアさえ出来れば

ここからグッと馬は変わってくると思いますし

 

トモの緩さは 父譲りでもあるし

ハーツクライ系の持ち味みたいなとこでもありますしね。

 

逆に言えば

成長力の高さも ハーツクライ系の持ち味なので

 

まずは がっつりと

飼い葉を食べられるようになることです!

 

 

 

ちなみに 弟くんは

兄とはまた全然違うタイプだそうなので

 

また来年

兄貴を超えるような存在になっていたら

うれしいなー★

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です