【一口馬主のスタンダードⅢ】

フィフティーワナー。

Pocket

まだ会見前ですが

まずは イチロー選手
お疲れ様でした。

こだわりを持って生きてる人は
心から尊敬します。

4000本安打
とんでもない数字。

同じ愛知県人として誇りです、ほんとに。

 

イチローが学生時代、通ったバッティングセンター。
数年前に行きました^^

 

あのWBCのセンター前ヒットは
一生忘れないでしょう。

そして
イチローと名付けた 仰木監督との出会いに感謝。

伝説に残る人は 素晴らしい人に出会ってるんですね。

 

今日はちょっと寂しい情報ばかりかな?

ディキシーナイト

20日、21日は軽めの調整を行いました。
「先週は見どころ十分のレースをしてくれましたから
この後も楽しみだなと思っていました。
走ったなりの疲れはあるので少し間を設けて次と考えていたものの、
時間が経って左前脚の球節が若干腫れました。
歩様に乱れが出るようなことはなく動かす分には問題ないように
見えますが、念のためにレントゲン写真を撮ってみたところ、
繋と球節の関節部あたりがスッキリとしていません。
粗造でうっすらと線のようなものが見えなくもない状態でした。
ハッキリと言い切れるものではないため明確に骨折と表現して
いいのか微妙なところですが、腫れ方とレントゲン写真を
照らし合わせるとその可能性が高いとの診断でした。
複数の意見を踏まえて判断できればと思いNF天栄の獣医師にも
診てもらったのですが、ここは無理はさせないほうがいいだろう
という意見でまとまりました。
現時点ではオペ云々を言う状況にはないので、歩様等含めて悪
い変化を見せなければこのままオペはしないで数ヶ月お休みし、
夏ごろの競馬へ向かうことができればと思っています。
もちろん、時間の経過とともに、または調教を少しずつ進めていく
中でそこの部分がうずいてきて、
やはりオペをした方が良いという診断になればその時点で
対応することになります。
クロッカスSを勝てた時点でマイルカップを目標にしていただけに
申し訳ない限りですが、まだこれから良くなるはずの馬なので、
ここは大事を取り、さらなる成長を促して
今後につなげていければと思っています」(国枝師)

…春のクラシック出走がなくなりました。

ちょっと無理しちゃった感じですかね。

無事に競走馬生活を走り続ける難しさ。

まずはじっくりと治して、また強くなってターフに!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です