【一口馬主のスタンダードⅢ】

不安の中に手を突っ込んで。

Pocket

そっかー

豊さんも落馬したのが41歳の時だったんですね。

恐るべし 厄年。

 

あー 恐るべしです。

 

本厄の最後の最後に 風邪を引いたようです。。。

というか、引かされた印象ですわ。

 

そんな中でも

東京大賞典は馬券を購入しますわな。

 

勝ったのは オメガパフューム。

父:スウェプトオーヴァーボード。

馬体重 450㎏そこそこ。

こういう血統の馬が大井の2000mのGⅠを勝つこと。

 

母父がゴールドアリュールだからとか

リアルシャダイが入ってるからとか

そんなゲーム的な話ではない部分が

きっとあるはずなんですよ。

 

こういう理解しづらいものを

想定外とか そんな言葉で片付ける血統屋とかいるけど

それで終わらせたら 何も進まないわけです。

 

疑問点をどうやって解消していくか。

見えない箱の中身を

どうやって把握して理解して手に取ることができるか。

 

競馬は本当に難しい。

 

だからこそ、攻略しようとする気持ちだけは

捨てないでいかないと ただの馬券好きで終わる。

 

その1つの攻略の手掛かりになるのではないかと思い

とある行動に出てみました。

 

その詳細は明日また。。。

 

なんだかんだ 懲りない男です(^^;

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です