【一口馬主のスタンダードⅢ】

八戸市場へ向けて すべきことは何か?

Pocket

じょう君が八戸市場に出るまであと2か月半。

 

 

それまでにしたいこと。

しなきゃいけないと思ってることがあります。

 

 

それは 宣伝 です!

 




 

高校生が生産したサラブレッドが
セリで売れた!

 

とか

 

昔、一口を持っていた馬の産駒を手に入れたら

それがG一馬になっちゃったとか!

 

 

そんな話 ありましたよね。

 

話題性があるから 取り上げられるんです。

 

 

 

そんな私。

大和屋さんのように金持ちではなく

平民中の平民。

 

もっといえば

今の会社に入ってまだ3年なので

42歳の平均年収よりも低いくらいです。

 

正直、繁殖牝馬を預託して

その子供の維持費も払ってますが

 

見事なまでの 自転車操業です(^^;

 

 

月の給料の8割くらいは持っていかれます。

 

 

金はないけど

じょう君には いい人の手に渡ってほしい。

 

その思いは当然あります。

 

 

いくら素質のある馬でも

育成がダメなとこだったり

 

馬主さんの力関係で

厩舎に入るのが後回しになったり

 

騎手も リーディングに
底辺に近いとこにいる人ばかりが乗ったり。。。

 

 

それって きっと見てても辛いはずなんです。

 

 

だから

じょう君には 話題性を付けて

1人でも多くの馬主さんに知ってもらいたい!

 

まずは知ってもらって

じょう君を見てもらうこと。

 

これがないと何も始まらない。




たまたま

ウインバリアシオンという馬に出資して

 

たまたま

名付け親にさせていただいて

 

たまたま

バリアシオンが大活躍して

 

たまたま

バリアシオンが青森で種牡馬になって

 

たまたま

バリのために繁殖牝馬のオーナーになって

 

たまたま

元気な男の子が誕生した

 

 

たまたまだけど

こんな人物って たぶん日本全国でも

自分くらいでしょう。

 

そのくらいのちょっとしたおバカです(笑)

 

 

これをネタにして

じょう君のことに興味を持ってもらうには

どうしたらいいだろう??

 

 

ツイッター、インスタ。

そして このブログ。

 

このあたりを駆使してやるしかないと思う。

 




 

こんなどこにでもいる一般人が

ただの一口馬主が

 

好きな種牡馬のために

1頭の繁殖牝馬を購入して

その種牡馬の子供が誕生した

 

 

これだけでは話題性としては薄いのか・・・?

 

 

どうすべきか

頭を悩ませております(^^;

 

いい知恵があれば 貸してください^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です