【一口馬主のスタンダードⅢ】

一口馬主とゴルフの関係性。

Pocket

昨日は猛暑の中
ゴルフを汗だくだくになりながらやってきましたー。

さすがに疲れて 夜はブログも書かずに寝ちゃいましたが。。

スコアは130。

前回はもっと多く、というか、数えられなくらいだったので
実質2回目のゴルフ場を考えれば 前進はしたということで^^

 

練習場とはどうしても違いが出ます。

失敗してもいい練習場。

失敗するだろうけど、失敗は出来るだけ避けたいと願う本番。

 

となると、いざ打とうとすると
思い切ったスイングよりも、ボールに当てに行くスイングになってしまう。

当然のように 練習場のようにはいかないわけです。

 

もちろん、まだきちんとしたスイングも安定しないし
自信も全然ないわけで。

もっと自信を持って、安定したスイングが出来れば
目をつぶっててもボールは打てる。

そう思います。

 

話は変わって 一口馬主。

もう10年以上、経験を積んで いい馬も引き当てて
それこそ、もう安定したものは身に着けていると思ってます。

しかし

どこかしら、いまだに当てに行ってる自分がまだ存在してるんですよね。

価格の安い馬を狙うってことは
もし走らなくても 仕方がないと思われる逃げ場があるんですよね。

期待以上に走れば自慢。

走らなくても そりゃこの血統でこの厩舎だから…で終わる。

 

自分が今してる出資の仕方って なんだか違うと思ってきた。

 

今、自分が1番欲しているものって

前向きさ、ポジティブ思考なんです。

 

ゴルフって後ろ向きなことを考えてプレーすると
何もいいことがないんですよね。

失敗してもいい。前に進めばそれでいい。

年がら年中、ほんとネガティブなことばかり考えてしまうけど

ゴルフを通じて、この考え方を改めたい。

 

今、確かに出資に使えるお金は少ないけども

だからといって、あらゆるリスクから逃げることはしたくないな。

 

一口馬主に関しては もう目をつぶってても振れば当たる。

そのくらいの実績と自信はつけてきたんです。

 

なので キャロットの出資したい馬も絞りました。

もう当てに行く、逃げ場のある狙い方はしません。

 

◎マラコスタムブラザの17
(牝 父:ダイワメジャー)

○キューの17
(牡 父:オルフェーヴル)

▲グレイシアブルーの17
(牝 父:アイルハヴアナザー)

★ヒストリックスターの17
(牝 父:キングカメハメハ)

 

以上の馬で 戦いに挑みます!

出資は1頭ないし、2頭…はちょっと財布との相談で。。

ヒストリックスターの17に関しては
×なしの最優先でもチャンスがあればという条件付きです。

1番出資したいのはこの仔ですので。

 

あとは途中経過を見ながら

じっくりと対策を練らせていただきまーす^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です