【一口馬主のスタンダードⅢ】

おつかれさま。

Pocket

一口馬主大人気の昨今ですが
いいこともあれば、そうでないこともたくさんある。
それをまずは理解してほしいという今日の内容。

 

 

1頭のOP馬が引退となりました。。。

 

 

  • ウインガナドル
    <引退>
    前走後は吉澤ステーブルイーストに放牧に出ていたウインガナドルですが、
    昨日の調教後に右トモの歩様の乱れが確認されました。
    すぐに獣医師を呼び、夕方からレントゲン検査を行った結果、
    「右後脚管骨の骨折」が判明しています。管骨には縦に亀裂が入っています。
    骨をボルトで止める治療法はありますが、
    この手術を行ったとしても約1年の休養が必要になり、
    休養後にベストパフォーマンスを出せるかどうか疑問符も付きます。現在6歳という年齢で長期の休養を余儀なくされたことから、
    協議の結果、ここで現役引退することとなりました。上原調教師は
    「レース後のチェックでは問題なかったですし、
    牧場でもそこまで速いところは乗らずに骨折してしまいました。
    原因の特定は難しいですが、ずっと使ってきての疲労骨折の可能性が高いでしょう。
    せっかくオープンに戻ってきて、そこでもいいレースを
    見せていただけに残念でなりません。申し訳ありませんでした」
    と頭を下げておられました。近日中に中央登録の抹消を行います。
    引退後の行き先については現時点では未定となっています。

    オープンでも差のない競馬を見せ、初重賞制覇へ向けて
    再びスタートを切るところでしたが、このような形で現役引退となり、大変無念です。
    ここまで長きに渡り、ガナドルに温かいご声援を
    いただきましたことを心より感謝申し上げます。

 

…ガナドルはウインには珍しく、セレクトセールで購入した馬でした。

5200万円募集ですから クラブもこれだ!と思った馬なはずです。

 

この当時、記憶が確かならば

私はガナドルに出資した理由は・・・

当時のウインでは逃げ、先行させる競馬が特に多くて

それに対応できる、

いや、

それが1番力を出せるタイプの馬になる!

そう思って出資したと記憶しております。

 

差し馬好きな自分には 珍しいタイプの馬に出資したけど

逃げ、先行馬にも 独特の見ていて感じる興奮度ってありますよね^^

 

 

競争馬人生としては

4戦目で勝ち上がって

福島のラジオNIKKEI賞で2着!

 

そして古馬相手の新潟記念で4着!

 

菊花賞では穴馬としてかなり注目されましたねー。

 

 

これから!という4歳時に故障をしてしまい

1番成長していく充実期をうまくいかせなかった。

 

バリアシオンもそうだけど

この時期を故障で棒に振るとホントに厳しいですよね。

 

 



 

 

復帰しても

いまいちもどかしい競馬が続き

正直

準OPを勝つのもかなり厳しいと思ってました。

 

それが6歳になった今年にさらに馬が充実して

準OPを勝利し

OP特別でも2着★

 

まだまだこれから・・・という気持ちもあったけど

それ以上

よくここまで頑張った!!

 

その気持ちが強いです。

 

出資者さんはみんなそんな想いじゃないかな?

 

 




 

 

全成績 22戦4勝(ラジオNIKKEI賞2着)

獲得賞金 1億37万円

 

 

1億超えの素晴らしい成績です。

 

 

 

 

頑張ったガナドルに拍手を送りたい。

 

お疲れ様でした!!!

 

まずはゆっくりさせてあげてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です