【一口馬主のスタンダードⅢ】

6月を気持ちよく締めくくれ!

Pocket

出走は多いけども
結果はなかなか伴いません。

大井12R
ウインフェルベール 13着。

<レース後コメント>
赤岡修次騎手
「ハナへ行って欲しい」と指示があり、かなり出して行きましたが、
2頭に楽に行かれてしまいました。
それでも、道中砂を被っても問題はありませんでしたし、
あのポジションでも向正面ではうまく追走はできていたんです。
しかし、3、4コーナーではもう完全に止めようとして
直線は走りがバラバラ。
ゴールする前に止まるかと思ったほどです。
ノドもあるのかもしれませんが、気持ちの方が大きそうですね。

宗形調教師
結果を出せずに本当に申し訳ありません。
ただ、道中砂を被っても問題はありませんでしたし、
3、4コーナーまでは普通に走れているんです。
そうなるとこの距離だと最後まで気持ちが続かないという
可能性があるかもしれません。
今本質的に短距離馬ですし、もし試させていただけるなら
1200mを使わせていただけないでしょうか。

ウインスタッフ
追い切りでも突かれる形なら最後まで粘れて、
好時計も出ていましたから、なんとかハナに行く作戦でしたが、
それも叶いませんでした。
直線もいつも通りバッタリ止まり、厳しい現状に変わりはありませんが、
宗形調教師からの進言があった1200mを使って、
なんとか前進が見られないかと祈る気持ちです。
この後は、7月9日(月)の大井にダート1200mがあり、
ほぼ連闘になりますが、そのレースへ向かいます。
そこで結果が出ないようなら、現役引退が決定します。

…終わりかなと思ったら・・調教師にも意地がありますよね。

今日も逃げられなかったし、結果はよくなかったけど
過去1番いいレースしたのがダート1000m。

ダメなら引退宣言も出ました。
あとは悔いなく。

 

そして明日は中央で出走です!

しかもこちらは本命視されるであろう存在でしょう。

福島8R 3歳上500万下(芝1800m)
8枠14番 ヴェロニカグレース 戸崎騎手

<近況>
武市康男調教師
「27日に南Wコースで追い切りを行いました。
併走馬を追走から、直線は内に併せてしっかり追い、一馬身ほど先着しました。
馬の後ろで我慢させることに主眼を置いて行いましたが、
道中は少し行きたがったものの何とか我慢が利いていましたし、
放すとまずまずの反応を見せてくれました。
また、抑えている時はやや右に張るところがありましたが、
放すとまっすぐに走ってくれていましたし、以前の嫌な癖は見せなくなりました。
実戦に行ってどうかはわかりませんが、調教でできる限りの
ことはやったつもりです。
ただ調教ではかなり引っ掛かるようになってきましたし、
いざ追い出してもシュッと切れる脚は使えないので、
もし行きたがったとしても無理に抑え込まないで、
先頭に立つぐらいのつもりで乗ってもらう方がいいでしょう」

…無理に抑え込まない。そしてこの大外枠。

途中から先行していくこともあるかもしれませんね。

なんにしろ、好勝負は間違いないはずです!

あとは中途半端な騎乗だけはしないで

行くならいく、じっくり抑え込むなら抑えていく。

強い意志を持って騎乗してくれれば、必ず勝つと思いますよ!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です