【一口馬主のスタンダードⅢ】

苦労は買ってでもしろ。

Pocket

一口初めて10年以上。

昔から格言のように感じてることがあります。

それは

「自分が大変な思いをしてそれを乗り越えた後には
一口愛馬が活躍してくれる」

 

先週、仕事で結構大変というか
初めて体験することがありまして

それがうまく完了することが出来たんです。

こういうときって、不思議と愛馬が走る。

…ことが多い気がしてます^^

 

逆に言うと
自分が何の苦労もしないで楽してる時には
愛馬は期待以上には走ってくれない。

だから
自分が前向きに動いて
苦労を買って出るくらいに生きていくことが
大事なんだなーって今回も思わされました。



ではもう1頭の回顧。

オノリス 土曜京都8R 3着。

<レース後コメント>
26日の京都競馬ではまずまずのスタートから中団の内目を進む。
ジリジリとポジションを上げつつ4コーナーでは前を射程圏に入れ、
直線追い出されるとよく伸びたが、最後は同じ脚色になり3着。
「勝負どころでちょっとフワッとして、
直線最後は自分で止めているような感じでした。
ブリンカーについては比較ができないのでなんとも言えませんが、
まだ集中し切れていないように思います。
今日は時計の速い馬場でしたから、良馬場ならまた違うでしょう」
(スミヨン騎手)
ブリンカーの効果がもうひとつ感じられなかったようで、
集中し切れないようなレースぶりになってしまいました。
とはいえ、追い出すまでの気配は抜群でしたし、
なんとかあとひと押しを期待したいところです。
この後はトレセンで馬体を確認してから検討します。

…今までよりも、かなり積極的に乗ってくれました。

馬場が前残り馬場でしたしね。

わずかなところまで来てるけど
あの競馬でも勝てないのが今のオノリスかなー。

いつも後方からの競馬ばかりだったんで
今回はいい刺激にもなったと思います。

まだ伸び代はあるみたいなので
きっかけ1つで 上にはいけると思います!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です