【一口馬主のスタンダードⅢ】

さくらの季節に…

Pocket

土曜日の回顧です。

メルキュール 3着。

<レース後コメント>
23日の中山競馬ではまずまずのスタートを切り
先行集団のなかを進む。
終始促しながらになるものの勝負どころから徐々に進出でき、
4角から直線で外より追うとジリジリと脚を使い3着。
「普段の感触、前走の内容を踏まえつつ今回の競馬に臨みました。
ダートは気性的にどうかという不安があったので先生と相談して、
できるだけ砂を被らないような形で運べたらと考えていました。
結果的に周りに馬がいる格好になり砂を被って少し戸惑った
素振りを見せましたが、フォローすることで進むことができました。
感じは悪くなく勝負どころでもじわっと上げていくことができました。
前とは離されてしまいましたがそれでも前走のような感じはなく、
やめるような素振りを出さずに最後まで走り切ってくれました。
こういった競馬を積み重ねていければチャンスが回ってくるはずです」
(武藤騎手)
「気性面を考えると砂をかぶったときの不安はあったので、
雅にはスタートを出るようであればある程度前々で被らない位置から
進めてもいいという話をしていたんです。
結果的には他馬の方が速く前に馬を置く形になりましたが、
多少の戸惑いはあったものの頭を上げすぎたりブレーキを
かけるようなことにはなりませんでしたね。
勝負どころから勢いをつけて上がっていった勝ち馬には
離されてしまったものの、ここ数戦の競馬の内容に比べれば良く、
格好のつく競馬をしてくれたと思っています。
これで選択肢が広がったと言えるでしょう。
今日はダート初戦ということで馬も人も手探りだったことは否めませんが、
経験を重ねていけば勝負に行けるようになるはずですよ」
(戸田師)
気性面の心配こそありましたが、思い切ってチャレンジしたことが
良い方へ向いたようで、見どころのある競馬を見せてくれました。
牝馬限定戦でしたし、前とは離されているので喜ぶわけには
いかないものの、収穫があったと思うと嬉しいですし、
これをきっかけに上昇してくれたらと願っています。
連戦したところなので今後については慎重に状態を
確認したうえで続戦するか間を設けるか判断していきます。

…砂を被って嫌気を出すんじゃないかと思いましたが
我慢してよく頑張りましたねー。

離された3着なので強気にはなれないけど
もうちょい短い距離の方がよりいいような気はします。

(写真 SGさん)

 

実は今週から
競馬自粛モードに入りました。

なぜなら…

今年めっちゃ負けてるからです(^^;

 

競馬新聞も買わない日曜日。

さすがに
GⅠや、出資馬関連の馬券は買いますけどね。

とはいえ
最後はまだまだ馬券依存症の部分も残ってるので
最終レースだけは買っちゃいました(^^;

中京の最終はイチロー馬券しかないだろーってことで
1,5,6,9,15、16の馬連BOX。

これでそこそこの配当が的中しちゃうんだから
真面目に真剣に競馬新聞見ていた日常ってなんなんでしょうね。。

そんな覇気のない今日一日でしたが・・・

来週は、ダイアトニックのダービー卿CT出走!

 

そして

もうそろそろ アレ の予定日が・・・

 

いい情報があるといいなー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です