【一口馬主のスタンダードⅢ】

赤ペン先生。

Pocket

<問1>
以下の文章で
おかしいと思うところをすべて上げよ。

ウインカーマイン 7着。

<レース後コメント>
丹内祐次騎手
スタートも決まり、(道中脚も溜まっている※1)のですが、
追ってからスッと反応できません。
最後までジリジリは伸びているのですが、決め手がないので、
(よほど恵まれないとこの条件で勝つのは難しい※2)かもしれません。
(決め不足を補うためにダート※3)とも思うのですが、
適性という点ではどうでしょうか。

 

※1
テンからガシガシ押していって
馬をその気にさせ、
外目を走らせる騎乗で脚が溜まるわけもない。

※2
スタッフはここは5着以内の権利を取りに行く
レースだとはっきりといってました。
次の福島では権利が切れてしまうからです。
坂のある直線の長いコースは不向きだということでした。
なのに、終いに余裕を残すわけでもなく
ただ、流れ込ませる騎乗に思えました。

※3
馬鹿の1つ覚えワードです。

 

この前のレクチャーで私は聞きました。

『ウインはラフィアンから離れて
独立することはないんですか?』ってね。

いや、今でも分かれてますよ。

と、言われ、それ以上は突っ込みませんでしたけど

同じ騎乗をさせ、同じ騎手を乗せ、
同じ厩舎に馬を預ける。

これを見て 別もんのクラブだと
誰が思いますか?

 

前走の菜七子ちゃん。
本当に上手に乗ってくれての5着でした。

上がりもメンバー中3位。
いくら小倉の平坦とはいえ、脚が使える馬です。

 

今までどれだけチャンスを与え続けても
結果をろくに残せてこない騎手。

年間20勝前後しか勝てない騎手。

それでも乗せてあげていたら 人間甘えしか出てこないです。

 

正直

この兄弟。

喧嘩別れでもしない限り

大物にはなれないでしょうね。

 

あまりにも腹が立ってきたもんで
今日はこんなブログですいません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です