【一口馬主のスタンダードⅢ】

更なる飛躍へ。

Pocket

重賞2着に浮かれてますが
ルヴォワールを振り返らないとね。

<レース後コメント>
2日の東京競馬では先団を進み直線へ向いて追い出すが、
最後は脚色が鈍り3着。
「道中のリズムは悪くなく直線では一旦先頭に立てましたが、
ラスト50mで疲れてしまいました。
この条件でも対応できるけど初めて経験する距離でしたし、
休み明けの分もあるかもしれません。
もう少しだったので勝てずに悔しいです。申し訳ありません」
(ルメール騎手)
「マイナス体重でしたが勝っていた時がこのくらいでしたし、
調教の感触も良かったので特別心配はしていなかったんです。
あとはこの条件でこの馬の良さを発揮できればと思っていたのですが、
スローペースを馬群のなかで進んだことで動くこともできず
直線勝負になりましたね。
それでも良く伸びているのですが、最後は止まってしまいました。
う~ん…距離というよりは中身の問題なのかなぁ…
という印象はありますが、
それでも力で何とかなると思っていただけに頭が痛いです。
ハンデなどの影響も多少あるのかもしれませんが、
結果を出すことができず申し訳ありません。
目一杯に走ったと思うので、脚元へのダメージの有無を
よく確認しておきます」(手塚師)
脚元の関係でビッシリ乗り込んでからというよりも
安定しているうちに競馬へ向かうような調整過程だったことも
あって最後の勢いが鈍ったのかなという印象を受けますが、
それでも力でねじ伏せて欲しかっただけに残念でなりません。
悔しいですが、順調であれば十分に勝ち負けできる馬なので、
これからも状態を第一に考えながら大事に使っていければと考えています。
まずはレース後の状態の確認ならびにケアをしっかりと
行った上で次走に備えていければと考えています。

 

3着だったわけですが
いくら上がり勝負だったとはいえ
それでも簡単に勝てる馬だといまでも思ってます。

後でパドック映像を見たんですけど…

いつもに比べると
後脚の踏み込みが全然違うんですよね。

歩幅が小さくて、
いつも雄大に見せる馬がこじんまりと見えました。

今でもスクミが出ますし

マイナス体重もきっちり調教をしてのものではなく
勝手に減ってしまった感じでしたし

もう1度、立て直すしかないですね。

 


(写真 SGさん)

 

次回

また 単勝5万円 行かせてください!^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です