【一口馬主のスタンダードⅢ】

ダイアトニックの未来。

Pocket

ダイアトニックについて今の想いを。




まずはレース後コメント。

  • ダイアトニック
    <レース後コメント>
    C.スミヨン騎手
    「直線までは前走と同じように溜める競馬をしたのですが、
    追ってからが前走ほど伸びませんでした。
    確かに前の馬に有利な流れだったのですが、
    内一頭分のいい馬場を狙うプランを選択したとしても、
    期待した走りは出来なかったと思います。
    前走でこの距離でも走れるとは思っていたのですが・・・。
    今回は直前の追い切りに乗っていないので、
    状態に関しては何とも言えない部分はあります」

    安田隆行調教師
    「スワンステークスから中2週ではありましたが、
    硬さが出ることもなく、良い状態でレースに向かうことが出来ました。
    レース当日も前回と同じぐらいのテンションでしたし、
    これなら力を出してくれると思っていましたが、
    前走ほど弾けなかったですね。
    目に見えない疲れがあったのか、1,600mの距離が
    少し長いのかはっきりしないですが、
    現状は1,400mがこの馬の適性距離なのかもしれません。
    ただ、まだ成長途上でもありますし、これからの馬ですから、
    今回の経験が次走に繋がってくれると良いですね。
    この後はこれまでの疲れを取る為に、
    一旦牧場へお戻しさせていただく方向で考えています。
    次走の予定につきましては牧場で状態を確認しながら
    相談させていただきたいと思います」

 

 

写真の通り、2人引きで
気合もいい感じで乗ってました。

初めての中2週でしたけど、問題はなかったかな。

 

レースは、後方にいた時点で厳しいと思いました。

前から言ってましたが
京都はここまで5戦5勝でしたけど
京都向きな馬ではないんです。

1400mの平均ペースならいいんだけど
こういう上がりの速いレースでは脚が目立ちません。

伸びてないわけじゃないんです。
新潟でも府中でも条件戦で負けてたように
サンデー系特有のスッと伸びる脚はないんです。

だから距離がどうのこうのよりも
適性がまったく合ってないレースでした。

 

もちろん そんな京都でもずっと勝っていたように
能力は計り知れない部分もまだあります。

あとはどういうレースに使っていくかですね。



やはりお父さんのカナロアみたいに
1200mにシフトしていくのがいいかなと。

それなら後方からでも差す競馬で届きますからね。

もっと体がしっかりしてきたら
前で競馬も出来るようになると思うので

カナロアの安田記念みたいな走りもいいですね。

 

希望は
来年の高松宮記念に出てほしい!

と地元民は思っております^^



 

重賞馬にしてくれた スミヨンさん。

ホントに感謝です!

 

1年後は、香港で乗ってください★

 

2020年。

ダイアトニックの年になると思います!^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です