【一口馬主のスタンダードⅢ】

気持ちは負けずに。

Pocket

お久しぶり投稿になってしまいましたね。

 

 

この間

何が起こっていたのかというと・・・

 

 

我が家の愛犬

柴犬の あさひ が

鼻血をまた出してしまいまして

 

いろんな病院を回ったりもしたんですが

 

どうやら

鼻の中に

何かが出来ているという感じ。。。。

 

 

まだきちんとCTで調べてないんで

何とも言えませんが

 

腫瘍 というのが 妥当なのかもしれません。

 

 

犬の鼻の中に出来る腫瘍って

ほとんどが悪性なんです。

 

 

なので正直

ここ数日 我が家は相当に重い空気にもなってました。

 

 

暗くなっててもしかたがないし

まだ結果は分からないし

 

あさひ自体も

徐々に症状が治まってはきてるし

普通に生活してますしね。

 

 

興奮すると鼻血出しちゃうんで

スキンシップが取れないのが苦痛でしょうがない(^^;

 

 

 

今度の日曜日。

 

三重県の四日市にある 動物病院で手術します。

 

 

結果がどうであれ

まずは

普通に元気に走り回っていた

あの頃の感じに戻ってくれればいいです。

 

 

まだ6歳ですからね。

彼なしの生活は考えられません!^^

 

 

 



 

 

馬の話は特にないんですが・・・

 

今日のJBC。

 

なんだか 中央のGⅠよりも

見ていて面白かったですね。

 

 

三冠馬とかGⅠ記録更新とか

話題はあるけど

レースの中身はいまいち興奮しない。

 

まぁ理由はいろいろありますけどね。

 

 

 

そんな中

今日のJBC2歳優駿に

ウインバリアシオン産駒のオタクインパクト。

 

通称 オタパク(笑)

 

頑張って走ってました!

 

 

3コーナーあたりの上がっていく脚は

これは!!!

って思わせるものでした。

 

結局、前崩れの厳しい流れを勝ちに行って

終い止まってしまいましたが

能力はかなり感じさせていただきました。

 

 

パドックで初めて馬は見ましたが

ダート馬って雰囲気ではないですねー

 

すらっとして

薄めの馬体は

バリアシオン産駒の味なんでしょう。

 

 

それでこれだけ走れるのなら

今後の楽しみはまだまだ大きなものになりそう。

 

 

バリの仔が

2歳のこの時期の重賞に出て

見せ場たっぷりの走りを見せたことが大きくて

 

これが2世代目。

 

 

中央勝ち馬がもっと増えてほしい願望はあるけど

 

順調にいい産駒が増えてくるはずです。

 

 

このオタクインパクトは

母父がネオユニヴァースということで

サンデー系の同系配合なんですよね。

 

 

サンデー系にロベルト系はよくあるけど

このパターンで強い馬ってなかなか見ないです。

 

 

サンデーの同系配合で結果が出たことは

バリアシオンの魅力の1つにもなりえます。

 

 

ゆくゆくは

父:ウインバリアシオン

母父:オルフェーヴル

 

そんな仔が出てくると なんだか夢が広がりますねー★

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です