【一口馬主のスタンダードⅢ】

うなずき有馬記念。

Pocket

有馬記念はブラストワンピースでしたね。

正直

レース後まで
この馬が関東馬だったってことを知りませんでした(^^;

しばらく池添騎手が関東にいっていたこともあるんでしょうが
ずっと手綱を取り続けた、取り続けてもらえる何かを
彼は持っているんですよね。

騎手って当然騎乗技術を常に向上させようと頑張るものだけど
ある程度のレベルまで行けば、そう変わるものではないでしょう。

池添騎手は正直、凄くうまい騎手とは思いません。

ただ、きっと、準備することに関しては相当やってるんだと思います。

あとは人と人との関係性ですね。

いくらミスをしても、次また乗せてやろうと思わせる騎手と
そうでない騎手。

すぐに馬にせいにする奴や、馬場のせいにする奴ら。

そんな人間では、いい馬に乗れたとしても手放す可能性が高い。

彼に会ったことがないんで分かりませんが

池添騎手には 他の人にはない人間性があるのか
出会いというのを非常に大切にする人なのか

もちろん、騎乗に関する度胸のよさとか
物おじしない心臓の強さもあると思うけど

1人間としても、尊敬する部分が多い人なんだと思います。

 

平成最後の有馬記念の勝利騎手が池添。

なるほどなー やっぱりなー

納得だわー

 

そんな有馬記念でした。

馬券的にはシュヴァルグラン抜けで外しましたが

ハーツクライ産駒の底力もさすが。

 

ウインバリアシオンが最も輝いたコースでもあります。

きっと必ず

ここに産駒が出てくると思わせてくれた今日のレースでした!

 

 

さて競馬も残り1日。

注目はルメールさんの年間最多勝ですね。

豊さんの記録まであと1勝でしたっけ?

 

簡単に塗り替えてしまうのか

それとも 豊さんの記録を絶対に抜かせない!と

他の日本人騎手が気持ちを出して乗ってくるのか。

 

ある意味、楽しみではありますね。

さすがに年末の1番忙しい平日に馬券は買えそうにないですが。

 

あ、そうそう。

その日、レッドアネラにルメールさんが騎乗します。

 

ひょっとしたら メモリアルホースになるのかな?^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です