【一口馬主のスタンダードⅢ】

秋天だじょー

Pocket

GⅠ1万円勝負ブログです^^

 

 

3強ムード満載の秋天ですね。

確かに強い3頭が揃いました。

 

 

自分の見解ですが・・・・

 

 

東京の2000mとなると

コントレイル、グランアレグリア

最高のパフォーマンスを出せる舞台ですよね。

 

 

コントレイルもグランアレグリアも

血統構成は似てるんです。

 

父ディープに母が欧米。

差し脚で勝負するタイプ。

 

ただちょっと違うのは脚のタイプ。

 

コントレイルはワープできる脚を持つ馬。

 

溜めて溜めて、一瞬でトップスピードにいける

凄い馬です。

 

グランアレグリアは

トップに入るまでちょっと時間はかかるけど

そこからの伸び脚が重くて伸び続けます。

 

この差ですね。

 

 

この2頭は無駄な足を使いたくない馬で

大阪杯はまさしくその弱点が露呈したレースでした。

 

早めに動いたのがグランだったと記憶してるので

それを思えば、この2頭の能力の差はないと思います。

 

そして今回

ワープできる馬が1番ロスのない内枠に入り

邪魔されずに長い直線をフルに使いたい馬が

5枠に入った。

 

2頭とも文句のない枠で

普通に走れば 文句のない走りが出来るでしょう。

 

 

問題は 3強の最後 エフフォーリアです。

 

他の2頭との大きな違いは

スッとトップスピードに入れないところ。

 

エピファネイアにハーツクライ。

牝系も欧州。

 

多少なりとも 上がりはかかってほしい馬が

日本で1,2を争う スピード王と戦うのは

なかなか厳しいだろうと思いますね。

 

 

このあたりは調教師の判断かクラブの判断かは知らないけど

JCにいけば

まず勝てると思います。

 

距離は延びれば延びるほどいい馬でしょう。

 

クラブの近況見てたら いまだに折り合い云々言ってるのをみて

いやいや それは違うだろー って思いました。

 

今回、エフフォーリアが2頭に勝つためには

1つの方法しかないでしょう。

 

2頭よりもかなり前で競馬をすることです。

 

この馬だって相当に強いとは思うけど

相手が悪すぎる舞台だなー

 

 

ポタジェも血統構成的には向いてるんだけど

今までの乗り方がよくなくて

脚を目いっぱい使い切れてない印象。

 

今日の重賞でもそうだったけど

欧米気質の高い馬が

ルメールやらデムーロやら福永くんやらに

じっくりと脚をためる競馬を覚えさせると

終いに軽くて反応いい差し脚を使えるようになります。

 

馬は人がはぐくむものです。

 

ポタジェはその部分が弱いんですよね。

常にそこそこ ってのは そのあたりが関わってる気がします。

 

 

 

大穴候補っぽくなりますが

東京の2000mが初めての馬だけど

意外なほど 適性があると思ってるのがモズベッロ。

 

阪神での大駆けが目立つけど

京都でもかなりいい走りが出来てるし

重馬場が特別にうまいってことも感じない。

 

位置取り1つだけど

この枠なら 勝負出来る位置にいられるかもしれません。

 

 

馬券的には3強が中心ですけど

もともとは

グランアレグリアの単勝を買うつもりだったんで

もうちょっと考えます。

 

あとは

モズベッロ絡みの3連複あたりも狙っていいのかなと。

 

 

さぁー いいレースを期待しましょうね☆

 

 

コメントを残す