【一口馬主のスタンダードⅢ】

出資理由です。

Pocket

今日、会社で
ディープ死去の話が出たくらい

やはり世間に名を知らしめた馬の存在感の
凄さを感じました。

 

現在
出資馬では

レッドオルガ
レイパパレ(2歳)
レッドファンタジアの18

この3頭がディープインパクト産駒です。

 

タイミング良くというとアレですが
レッドファンタジアの仔に
よく手を出したなーって我ながら思います。

 

もちろん いい馬だからこそ。

ディープ産駒に心を惹かれたからこそ。

 

ということで

そのレッドファンタジア18に
出資した理由をちょいっと書きます。

 

今年の東サラ募集馬を見て

1番気にしたのは 体高 でした。

 

セリでも
体高のちょっとした差で
価格が大きく変わることを知りました。

もちろん、背が高ければいい。
低かったら活躍しない ってわけじゃないですが

1つの基準にはなると思ったんですよね。

 

レッドファンタジア仔は 158cm。

募集馬の中でも3番手くらいに体高のある馬。

しかも、4月生まれなので、実質はトップクラス。

 

この時点で1つクリアです。
(芝の中距離馬は体高があるほうが絶対にいいと思ってます)

 

そして動画。

前脚の動き。

前方に大きく伸ばすのではなく
上から地面を押し込むように前脚を動かす。

これ、バリアシオンもこんな感じだったんです。

 

昔は、可動域の広い、大きく前方に脚を出す
馬が好きで出資してたけど

それだと、反応が鈍いタイプの馬になってる気がしました。

 

今の競馬は
じっくり溜めてから一気にトップスピードに行かないとダメ。

だからこそ、前脚の重要性もかなりあるんじゃないかな?

 

そして後脚。

ダート馬などは、
どれだけ無駄な動きを省けるかが大きな走りのカギだと
思ってます。

無駄な動き=ロス になると思ってるからです。

だから歩き方も
すっ すっ すっ っと
変に脚が伸びたり、間が出来ない方がいいはず。

 

でも芝馬は違って

歩きに遊びがある方がいいと思うんですよね。

 

前脚のリズムと後脚のリズムがちょっとずれる感じ。

後脚を運ぶリズムが1テンポ遅い感じ。

 

後脚が後ろに伸びて
1呼吸入って
グッと筋肉が収縮して縮んでくるイメージ。

 

これが芝の中距離馬の理想形だと
勝手に思ってます^^

 

あとは 首も長いし
青鹿毛ってこともあるかもしれないけど

なんともいえないオーラを感じるし

そして・・

左後一白!

 

ディープの後継種牡馬に!

とまでは言いませんが

 

GⅠ戦線で戦える馬になれる素材。

 

大きな期待馬です☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です