【一口馬主のスタンダードⅢ】

新人さんお二人。

Pocket

では

ダイアトニック以外の2頭のデビューレースも振り返っておきましょう。

 

土曜阪神5R
ウインプリンツ 11着。

<レース後コメント>
菱田裕二騎手
4コーナーでは内の馬にぶつけられて外に弾かれてしまいました。
この馬自身は素直で悪癖もなく乗りやすいのですが、
道中の追走にあまり余裕がありませんでしたし、とにかくまだまだ体力不足ですね。
息遣いもあまり良くは感じませんでした。
そのあたりが今後レースを使いながら良くなってほしいところです。

ウインスタッフ
大人しい性格でパドックや返し馬も平常心で堂々とした様子でしたが、
レースではいいところを見せることができませんでした。
4コーナーでは外に大きく弾かれる致命的な不利もありましたが、
「あの時点でもう余力もなかった」と菱田騎手でしたし、
レースで勝負に加わるには自力強化は必須課題でしょう。
今後はレース後の状態に問題がなければ続戦を予定しています。

…デムーロさんの騎乗停止に繋がった時の被害馬です。。。

まぁ、確かにあれがなくても着順は悪かったかもしれないけども
レースにはきっちり参加してましたからね。

それで納得しちゃうのがウインの馬でもあり。。。

しかしハードトレーニングで鍛えることを第一にしてるのに
レースにいくと、体力不足の馬がよく出てきますね。

馬の差なのか、牧場の差なのか・・・?

 

日曜阪神6R
アーズローヴァー 4着。

<レース後コメント>
23日の阪神競馬ではゲートが遅くて道中は後方から。
最後までジリジリとしぶとく脚を使うも4着。
「返し馬の時から怖がるような面を見せていたのですが、
ゲートが開いた音にもかなり怖がってしまい、硬直して出ていこうとしませんでした。
道中は前の馬が近付いてくるとそれをまた気にして外の方へと
逃げるような感じになってしまって…。
いい馬体の持ち主で先々は走ってくると思うのですが、
とにかくまだ幼くて精神面が追い付いてきていないので、
これからもっともっと成長してもらえたらと思います」(川田騎手)

「他馬の動きに反応して時折驚くような仕草は見せていましたが、
自分から何かしようという感じはなく、パドックでは比較的おとなしく
周回することができていました。
いい状態でレースに向かえそうで楽しみにしていたのですが、
あれだけゲートを出ないとは予想外でしたね…。
大味な競馬でここまで来てくれているように能力は確かなのでしょうが、
まだまだ精神面の成長は必要でしょう。
このまま続戦させるか、いったん放牧に出すのかはもう少しレース後の
様子を見ながら考えさせてください。今日は申し訳ありませんでした」
(松下師)
帰厩後は余裕のあった馬体もひと追いごとに絞れ、初戦を迎えるにあたって
仕上がり状態は良好に見えました。
ただ、ジョッキーの話では随所に幼い面を見せていたとのことで、
ゲートの開く音にも反応してスタートから進んでいきませんでした。
そんな中でも4着まで来ているように能力は確かですから、
心身ともにしっかりと成長してもらいたいものです。
この後については馬体をよく確認してから検討していきます。

…中山競馬場で見てましたが

出遅れた上に、途中から外を制御できないように走ってて
それで直線で おっ と思わせる脚を見せました。

怖がりさんってとこが、どう今後変わっていくのか。

どうやら今日の更新ではこのまま続戦で
次もダートの模様。

厩舎がまだ安心できるところではないので
今後、うまく対応してくれるかが1番心配ですね。

馬はあんなレースで4着なら十分に力はありますよ!^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です