【一口馬主のスタンダードⅢ】

旅の途中。

Pocket

もう来週は

有馬記念なんですな。

早いもんだ。

 

では今日の回顧。

ウインカーマイン 7着。

<レース後コメント>
菱田裕二騎手
先生からは「テンションが高いから」と言われていましたが、
そこまでではありませんでした。
ゲートも出てくれましたので、好位で進めることができました。
勝負どころでも手応えはあったのですが、追ってからが案外でした。
芝だとキレ負けする感じですね。
それをカバーするのにダートの方がいいのかもしれないという
思いもありますが、パワータイプではないので、
適性という面ではどうでしょうか。
距離はあまり長くするともっとしまいが甘くなりそうなので、
このあたりの条件がいいと思います。

ウインスタッフ
仕上がり早のタイプで、気持ちも入っていましたし、
馬体にも張りがあり、放牧明けでもいい状態だったと思います。
課題のゲートも出ましたし、内容はデビュー戦より前進はありましたが、
芝でのキレ不足という現状の課題が見えたことも確かです。
今後はキレを要求されない条件を使っていく必要がありそうです。
この後は続けて使っていきたいところなのですが、
芝の短距離戦は節を空けなければ使えませんので、再び放牧に出ることになります。
今後も権利を取らないと毎回2~3か月ほど空けながらに
なってしまいますので、1戦1戦が勝負になってくると思います。

…今日の競馬を見てたら、かなりパワーがいる芝になってましたね。

キレ負けというよりは、力負けという感じですね。

それでも、輸送を挟んでもプラス体重でしたし
まだまだこれから良くなっていくと思いますよ。

あとはクラブ側がどこまで我慢できるか。

カーマインも、プリンツもそほどのことがなければ
未勝利が終わるまでは引退勧告はないと思うけど

今日も1頭、2歳馬(ウインフルブルームの半弟)が
3戦目でタイムオーバーになって、登録抹消を勧告されました。

確かに厳しい世界ですが
個性を伸ばそうとしない、それこそ持って生まれた素材だけで
何とか結果を出さないといけないクラブ。

簡単に手放してしまうこの形。

馬が可哀想とかという前に、無能さを感じて仕方がないですね。

 

バラーディスト 6着。

<レース後コメント>
C.デムーロ騎手は
「戸惑いながらゲートを出ていましたし、
道中もハミをしっかり取らずに遊びながら走っていました。
勝負どころも緩さからしっかり走り切れないところがありました」
と話していました。

…今日は出たレースが悪かったですね。

新馬戦らしくゆったりと流れてくれたたまた違ったんでしょうが

平均ラップでそれを引っ張った馬が強かった。

ついていこうと頑張ってましたが、最後は走りがバラバラに。

今日の勝ち馬はかなり強いでしょう。
ちょっと相手が悪すぎましたし、
バラーディスト自体が、順調にいかずによくここで
デビューできたことがまずは褒めていいところなくらい。

今日の結果でどうのこうのってことはないです。

 

今年の競馬もあとわずか。

わずかですが、出走はまだ案外ありそうです^^

もうひと盛り上がりしたいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です