【一口馬主のスタンダードⅢ】

実りの1日。

Pocket

ではではー。

中央の2戦を振り返りましょう★

 

東京8R
ルヴォワール 3着でした。

<レース後コメント>
28日の東京競馬では道中後方でリズムを整える。
勝負どころではじわじわとポジションを上げて直線へ向くも、
上位2頭には届かず3着。
「道中の流れが遅かったですし、直線でも早めに動いていったのですが、
トビが大きくて最後までワンペースな走りになってしまいましたね。
よく頑張ってくれてはいるのですが、今日は上がりが速くて展開が合いませんでした。
ただ、跨がってすごくいい馬だと感じましたし、
これから成長してもっと良くなってくると思います」
(M.デムーロ騎手)
「相手はブレステイキングと思っていたので、あの馬を負かしに行って
欲しいとジョッキー側に伝えていました。
実際のところ狙いを絞った乗り方を来てくれましたね。
ただ、勝ち馬が一度使ってさらに良くなっていたこと、
そして考えていたより昨日の雨が早く上がったことで
高速馬場になったことが堪えました。
正直に言うとルヴォワール自身が上がり3ハロン33秒の脚を
使えるとは思っていなかったので、展開が向かなくて残念と思うとともに、
これだけの脚を使えるようになったんだという嬉しい気持ちも抱きました。
まだキャリアは浅く、これからさらに良くなってくれるはずなので、
怪我などに気をつけて今後も育てていきたいです」
(手塚師)
ラスト3ハロンは33秒0の脚を使っているものの、
まわりも同じような勢いで伸びており、勝ち負け争いに
加わることはできませんでした。
悔しい結果にはなりましたが、強い牡馬を相手に勝負を挑んでの結果ですし
展開次第でまた違ったでしょうから、下を向かずにまた頑張っていきたいものです。
この後はレース後の状態や番組を見た上で検討していきます。

…パドックの雰囲気はまさに素晴らしく、勝てると思いましたけどねー。

今日の馬場だと、一瞬でスッと反応して
その差をそのまましのぎ切るという競馬が1番強かったわけで

ルヴォワールは、その面ではちょっと劣る分、勝ち馬に負けた感じですね。

とはいえ、勝ち馬とは上がりは同じ33.0。
さすがだなと思わせてくれました。

このクラスではもちろん、ルヴォワールに向く競馬になれば
もっと上でもいい走りが出来るでしょう。

あとはとにかく怪我なく無事に。

遠回りなく、最短距離で出世していってくれると思います!

 

東京10R
レッドオルガ 1着でした!!!

<レース後コメント>
デムーロ騎手
「一歩目があまり速くないのはわかっていましたが、
今日はいつもより出てくれなかったです。
ある程度ポジション取りたかったので少し出していったのですが、
あまり反応が良くなくてあれっという感じでした。
ただ、途中からスイッチが入ったのか追走もスムーズになって
折り合いも大丈夫でしたよ。
前に勝った時も抜け出してから頭を上げてフワッとするところがあったので、
ゴール前で差し切るくらいのイメージで進路を考えていたのですが、
なかなかスペースが空かず外まで出すことになってしまいました。
手応えは良かったので届くとは思っていましたよ。
結果的にですがフワッとすることもなかったです。
やはりいい脚を持っていますし、このこのコースも合いますね。ありがとうございました」

…今日はスタートいまいちで、途中位置を上げに行く競馬。
ちょっと不安がよぎりましたけどね。

直線でもなかなか上がってこないので負けも覚悟しましたが
追い出しをずっと待って開くのを待ってたんですね。

それにしても最後の100mの切れっぷりは圧巻。

今年1の気持ちいい勝ち方だったです!

メインではやらかしたデムーロさんでしたが
今日の騎乗には感謝感謝です☆

 

これで完璧なOP入り。

来年は重賞路線でいい走りを期待したいです^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です